小原雅博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小原 雅博(こはら まさひろ、1955年 - )は、日本外交官。在シドニー総領事、在上海総領事を経て、東京大学大学院法学政治学研究科教授。

経歴[編集]

1955年 徳島県那賀郡鷲敷町生まれ[1]

その後、10歳で羽ノ浦町(徳島県那賀郡)に移る。富岡西高等学校卒業[1]
  • 1979年 外務公務員採用上級試験合格[2]

その他[編集]

著書[編集]

  • 『東アジア共同体 強大化する中国と日本の戦略』日本経済新聞出版社、2005年9月
  • 『国益と外交 世界システムと日本の戦略』日本経済新聞出版社、2007年10月
  • 『外交官の父が伝える素顔のアメリカ人の生活と英語』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2008年5月
  • 『日本走向何方』中信出版社 2009年1月
  • 『15歳からの外交官が書いた国際問題がとりあえず全部わかる本』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2009年6月
  • 『チャイナ・ジレンマ』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2012年6月
  • 『「境界国家」論―日本は国家存亡の危機を乗り越えられるか? 』時事通信出版局、2012年7月
  • 『日本の国益』講談社 2018年9月

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]