小口孝司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小口 孝司(おぐち たかし、1961年 - )は、日本心理学者。専門は、社会心理学、産業・組織心理学、観光心理学。

略歴[編集]

長野県岡谷市出身。長野県諏訪清陵高等学校を経て、1985年立教大学文学部心理学科卒業。1990年東京大学大学院社会学研究科社会心理学専門課程博士課程修了、日本労働研究機構(現・労働政策研究・研修機構)研究員。1992年昭和女子大学助教授。2004年千葉大学助教授。2009年立教大学現代心理学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『史上最強図解よくわかる社会心理学』ナツメ社 2013年

共著[編集]

  • 『自ら挑戦する社会心理学』竹田葉留美共著 保育出版社 2014年
  • 『自ら実感する心理学』三浦由美子共著 保育出版社 2016年

参照[編集]

  • 「長野県人物・人材情報リスト」日外アソシエーツ 2019年