小口彦太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

小口 彦太(こぐち ひこた、1947年1月8日[1] - )は、日本法学者。早稲田大学名誉教授[2]中国人民大学法学院名誉客座教授。法学博士(早稲田大学、2004年)。専門は中国刑事法中国民法[3]2016年4月から江戸川大学学長を務めている。

経歴[編集]

長崎県川棚町出身[1]長崎県立長崎東高等学校を経て[4]1969年早稲田大学第一法学部を卒業後、1971年同大学大学院法学研究科修士課程修了、1974年同博士課程満期退学[5]

1971年に早稲田大学法学部助手となり、1974年専任講師、1976年助教授、1981年教授[1]。1981年から1982年までハーバード・ロー・スクール東アジア法研究プログラム訪問研究員。研究・教育のほか大学運営にも携わり、教務部長、国際部長、常任理事などを歴任し、2016年に定年退職[1]2009年から学校法人江戸川学園の理事を務め、2016年4月江戸川大学学長に就任した[1]

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『法学講義教材』 成文堂1993年、第2版。ISBN 978-4792302146。
  • 『中国法講義教材』 成文堂、1997年。ISBN 978-4792390617。
  • 『現代中国の裁判と法』 成文堂、2003年。ISBN 978-4792303563。
  • 『徹底図解 中国がわかる本』 扶桑社2008年、第2版。ISBN 978-4594056940。
  • 『伝統中国の法制度』 成文堂、2012年。ISBN 978-4792332952。

共著[編集]

  • 小口彦太、田中信行、木間正道、国谷知史 『中国法入門』 三省堂、1991年。ISBN 978-4385313108。
  • 仁井田陞 『唐令拾遺補』 池田温編、東京大学出版会1997年。ISBN 978-4130361095。
  • 小口彦太、周光権、北川佳世子、陳興良、高橋則夫、梁根林、伹見亮、松澤伸 『日中刑法論壇』 早稲田大学孔子学院編著、早稲田大学出版部2009年。ISBN 978-4657097033。
  • 小口彦太、陳聡富、梁慧星、大塚直、崔建遠、円谷峻、尹田、滝沢聿代 『日中民法論壇』 早稲田大学出版部、2010年。ISBN 978-4657102157。
  • 『最新中国ビジネス法の理論と実務』 田中信行編、弘文堂2011年。ISBN 978-4335355134。
  • 小口彦太、田中信行 『現代中国法』 成文堂、2012年。ISBN 978-4792332990。

共編著[編集]

  • 胡錦光、韓大元 『中国憲法の理論と実際』 小口彦太、趙秉志編、成文堂、1996年。ISBN 978-4792302528。
  • 『中国行政法の理論と実際』 小口彦太、趙秉志編、成文堂、1998年。ISBN 978-4792302870。
  • 鄭成思 『中国知的所有権法の理論と実際』 小口彦太、趙秉志編、成文堂、1998年。ISBN 978-4792331351。
  • 『中国の政治―開かれた社会主義への道程』 曽憲義、小口彦太編、早稲田大学出版部2002年。ISBN 978-4657023070。
  • 程栄斌、甄貞、王新清 『中国刑事訴訟法の理論と実際』 小口彦太、趙秉志編、成文堂、2003年。ISBN 978-4792316150。

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 朝日新聞人物データベース
  2. ^ 法と裁判を通してみた中国の社会 習近平のイメージする法治とは?”. セカンドアカデミー. 2017年1月4日閲覧。
  3. ^ 「船舶差押え事件は異常ではない―中国における法治の現状」”. 読売オンライン. 2017年1月4日閲覧。
  4. ^ 2016年6月18日在京17回生同期会”. 長崎東高在京同窓会. 2017年1月16日閲覧。
  5. ^ 新学長に小口彦太理事が就任 (PDF)”. 江戸川大学 (2016年4月1日). 2017年1月4日閲覧。