小和滝橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小和滝橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 福島県郡山市
交差物件 阿武隈川
用途 道路橋
路線名 福島県道115号三春日和田線
施工者 サクラダ日本橋梁
竣工 1997年平成9年)
開通 1998年(平成10年)9月16日
座標 北緯37度26分48.6秒 東経140度25分33.3秒 / 北緯37.446833度 東経140.425917度 / 37.446833; 140.425917座標: 北緯37度26分48.6秒 東経140度25分33.3秒 / 北緯37.446833度 東経140.425917度 / 37.446833; 140.425917
構造諸元
形式 4径間鋼連続鈑桁橋
全長 191.8 m
14 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
福島県道115号標識

小和滝橋(こわだきばし)は、福島県郡山市にある道路橋である。

概要[編集]

郡山市北東部で一級河川阿武隈川を渡り、福島県道115号三春日和田線を通す。東詰は西田町三町目字小和滝に位置し、重用区間として南下してきた福島県道73号二本松金屋線から分岐する十字路となっている。西詰は日和田町八丁目字滝ノ下に位置する。現在の橋は当地に架けられた橋としては4代目に当たる、1997年に竣工した全長191.8mの鋼鈑桁橋であり、上下対向2車線で供用されている。

沿革[編集]

当地は小和滝と呼ばれる瀬によって阿武隈川の流れ狭く急になることから渡船での往来が不可能だった。また日和田町側にあたる左岸が険しい崖となっていることから架橋の難しい地点でもあった。1876年に近隣の有志が私財を投じ県へ認可の申請をするも工事の困難さから許可が降りなかったが、1884年に当時の県令であった三島通庸によって認可され、初代小和滝橋が石橋として架けられた[4]。しかし1889年に洪水により流出、その後1899年吊橋として二代目小和滝橋が竣工したが、1902年に流出した[5]1935年3月県道橋として3代目の橋梁が完成。全長118.6 m、幅員4.0 mで、西側が単径間下路式トラス橋、東側が桁橋で構成されていた[6]。1997年に現在の橋への架替えが行われ、1998年9月16日に橋梁を含む840mの区間が小和滝橋工区として新たに付け替えられ開通した。

近隣[編集]

  • 小和滝の桜
  • みちのく自転車道
  • 熊野神社
  • 西田保育所

隣の橋[編集]

(上流) - 富久山大橋 - 磐越自動車道新阿武隈川橋 - 小和滝橋 - 鬼生田橋 - 東北新幹線第4阿武隈川橋梁 - (下流)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度橋梁点検結果 - 福島県土木部
  2. ^ 福島県の土木行政のあゆみ - 福島県建設技術協会
  3. ^ 橋梁年鑑 小和滝橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  4. ^ 小和滝(郡山市西田町) - 福島県南酒販
  5. ^ 小和滝橋1899- - 土木学会附属土木図書館
  6. ^ 小和滝橋1935-3 - 土木学会附属土木図書館