小和田敏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小和田 敏子 Table tennis pictogram.svg
基本情報よみがな こわだ としこラテン語表記 KOWADA Toshiko現姓名 竹内 敏子生年月日 (1947-11-17) 1947年11月17日(71歳)国籍 日本の旗 日本出身地 山形県河北町選手情報段級位 9段利き腕グリップ ペンホルダー戦型 ドライブ主戦型経歴学歴 中京大学国内戦歴
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子卓球
世界卓球選手権
1969 ミュンヘン 女子シングルス
1969 ミュンヘン 女子団体
1969 ミュンヘン 混合ダブルス
1971 名古屋 女子団体
アジア卓球選手権
1968 ジャカルタ 女子ダブルス
1968 ジャカルタ 混合ダブルス
1968 ジャカルタ 女子団体
1968 ジャカルタ 女子シングルス
1970 名古屋 女子シングルス
1970 名古屋 混合ダブルス
1970 名古屋 女子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

小和田 敏子(こわだ としこ 1947年11月17日 - )は、日本の卓球選手。

人物[編集]

山形県河北町出身。現姓・竹内。谷地高校、中京大学体育学部卒。

1969年世界卓球選手権・ミュンヘン大会で世界チャンピオンとなる。

大学卒業後、中京大の助手として出場した1971年世界卓球選手権・名古屋大会では[1]、日本代表のエースとして女子団体優勝に貢献した。

現在は中京大学国際教養学部教授並びに日本卓球協会常任理事を務める[1]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]