小坂俊史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
小坂 俊史
生誕 1974年5月8日
日本の旗 山口県下関市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1997年 -
ジャンル 4コマ漫画
代表作 せんせいになれません
中央モノローグ線』シリーズ
公式サイト 新しい冷蔵庫
テンプレートを表示

小坂 俊史(こさか しゅんじ、1974年5月8日 - )は日本4コマ漫画家山口県下関市出身。山口県立下関西高等学校広島大学文学部卒業。

経歴[編集]

応募作「せんせいになれません」が1997年10月の準月間賞として、第4回竹書房漫画新人賞にノミネートとともに1997年12月18日『ウルトラ4コマ'98』に掲載されデビューするも選外に終わる。その後、竹書房芳文社などの雑誌で作品を発表。

デビュー後、広島から上京した後東京都内を転々とし、2000年頃東京都中野区に落ち着く。2008年からは中野区を含む中央線沿いに生きる女性たちを情緒的に描く「中央モノローグ線」を上梓。出版から3年半越しに重版が決まるなど息の長いロングヒットとなった。さらに2009年7月に岩手県遠野市へ転居し、その経験を生かしてモノローグシリーズの続編となる「遠野モノがたり」を連載。2011年10月に東京都へ戻り、杉並区高円寺に移る。

2015年5月6日に同じ4コマ漫画家の王嶋環と入籍[1]

作風・人物[編集]

作風はネタに取り入れることはたまにあるが近年流行している緩いネタの萌え路線ものとは対極にあり、伝統的な4コマ漫画の路線を受け継いでいる作家の代表格といえる。親しみやすい絵柄と切れ味の鋭いギャグで締めくくるオチが売りで、漫画だけでなく、題名や単行本の表紙などにも多くのギャグをちりばめている。また、最近の流れに反し、作品中に占める下ネタの割合がかなり少ないことが挙げられる。

主要登場人物は多少非常識であったり、そこから来る天然的な個性を持つ者が多いが、多くは現実の範囲内におさまっており、基本的に不愉快なギャグをするキャラクターもいない。

ほとんどの作品に「せんせいになれません」の桃山、「やまいだれ」の流しのナースのように最終ページの右部分の4コマなど毎回同位置にだけ登場するキャラクターが存在する。例外として「オフィスのざしきわらし」の場合は逆に、同位置で各話限りのキャラクターが登場する[2]。また、ほぼ全てのキャラの顔は下膨れになっている。 作内での感嘆符(!)は写植・手書きの台詞問わずどの作品も「!!」のように2個使用している(後述の重野なおきも同様)。ただし、デビュー当時は1個使用だった。

まんがタイムオリジナル、まんがくらぶ、まんがライフオリジナル、まんがくらぶオリジナルの4誌はいずれも10年以上連載を続けており掲載誌は休載を挟まず長年にわたり連載を続けている雑誌が多い。作品自体が終了してもその翌月には新たに同じ雑誌で新連載をするなど、作品への意欲がとても強いといえる。

重野なおきみずしな孝之神奈川のりこら4コマ漫画家と親交があり、特に、重野なおきは共同で同人誌サークル「ジャポニカ自由帳」を結成、共著で作品集を出すなど、親交が深い。また、森繁拓真は大学の後輩で原稿の手伝いをしてもらっていたこともある。

尊敬する漫画家はいしいひさいち。そのいしいからも、自著にて植田まさしに並び注目している作家として挙げられている[3]

アダ名は「王子」。デビュー直後から次代の4コマ誌の中心を担うだろうと周囲から期待されていたために「4コマ王子」とみずしなが作中で呼んだのが発端。本人はいやがっているらしい。

野球チームでは、千葉ロッテマリーンズ広島東洋カープのファン。ハンドボールも好きらしく、ワクナガレオリックのファン。

鉄道ファンで、特に無人駅が好き。鉄道車両に関してはほとんど興味ない。2006年4月には、廃線間際のちほく高原鉄道にて『鉄子の旅』監修者である横見浩彦と遭遇した。それが縁となり、『まんがライフMOMO』2008年10月号・11月号掲載の「わびれもの」に横見浩彦をゲストに迎え、小和田駅を始めとする飯田線秘境駅各駅を訪問した。

岩手県遠野市に移住していたことから、遠野被災地支援ボランティアネットワーク「遠野まごころネット」に活動支援金の寄付等を行っている。[4]

2013年以降は非4コマ系のストーリー漫画に進出するようになった。

主な作品[編集]

※記事のある作品については、書誌情報の詳細は作品記事を参照してください

連載中[編集]

連載終了[編集]

  • うるぐす共和国(xxxx年 - 1999年 月刊スポコミ/竹書房)
  • 月刊フリップ編集日誌(1999年 - 2002年 まんがくらぶオリジナル/竹書房)
    • 単行本 全2巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • サークルコレクション(1999年 - 2003年 まんがライフオリジナル/竹書房)
    • 単行本 全2巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • ひがわり娘(1999年 - 2006年 まんがタイムオリジナル、まんがタイムダッシュ!/芳文社
  • サイダースファンクラブ(1999年 - 2007年 まんがライフMOMO/竹書房[5]
    • 単行本 全2巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • とびだせ漂流家族2001年 - 2003年 まんがライフ/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • 空ぶり魂(2002年 - 2004年 ビッグコミック増刊号/小学館)
  • ハルコビヨリ(2002年 - 2008年 まんがくらぶオリジナル、まんがライフオリジナル/竹書房[6]
    • 単行本 全4巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • れんげヌードルライフ(2004年 - 2009年 ビッグコミック増刊号/小学館、2013年 まんがライフMOMO/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
      ISBN 978-4-8124-8302-2
  • やまいだれ2005年 - 2009年 まんがくらぶオリジナル/竹書房)
    • 単行本 全2巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • 幼稚の園(2006年 - 2008年 まんがタイムオリジナル/芳文社)
    • 単行本 全1巻完結(まんがタイムコミックス/芳文社/2008年7月22日初刷発行(2008年7月7日発売))
      ISBN 978-4-8322-6653-7 ※絶版
  • 中央モノローグ線(2008年 - 2009年 まんがライフオリジナル/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • ささきまみれ(2008年 - 2009年 まんがタイムオリジナル/芳文社)
  • わびれもの2007年 - 2010年 まんがライフMOMO/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • 遠野モノがたり(2009年 - 2011年 まんがライフオリジナル/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • オフィスのざしきわらし(2009年 - 2011年 まんがくらぶオリジナル/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房/2011年11月10日初刷発行(2011年10月27日発売))
      ISBN 978-4-8124-7678-9
  • 球場(ボールパーク)のシンデレラ(2010年 - 2011年 まんがタイムオリジナル/芳文社)
    • 単行本 全1巻完結(まんがタイムコミックス/芳文社/2011年10月22日初刷発行(2011年10月7日発売))
      ISBN 978-4-8322-5011-6
  • わびれものゴージャス(2010年 - 2013年 まんがライフMOMO/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • モノローグジェネレーション(2011年 - 2013年 まんがライフオリジナル/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
  • ラジ娘(こ)のひみつ(2011年 - 2014年 まんがくらぶオリジナル/竹書房)
    • 単行本 全2巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
      1. ISBN 978-4-8124-8345-9
      2. ISBN 978-4-8019-5079-5
    ラジ娘のニュース(2013年 - 2014年 まんがライフ/竹書房)※目次横4コマ漫画
  • おかん(2011年 - 2016年 まんがタイムオリジナル/芳文社)
  • 月刊すてきな終活(2013年 - 2014年 まんがライフオリジナル/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
      ISBN 978-4-8019-5033-7
  • これでおわりです。(2013年 - 2016年 まんがライフSTORIA/竹書房)
    • 単行本 全1巻完結(バンブーコミックス/竹書房)
      ISBN 978-4-8019-5466-3

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ kosaka_sのツイート (595798585352056832)
  2. ^ サークルコレクション、ひがわり娘、とびだせ漂流家族ではその設定がない
  3. ^ いしいひさいち「でっちあげインタビュー いしいひさいちに聞く」『[総特集]いしいひさいち』p.20
  4. ^ 漫画家の小坂俊史さんからご寄付をいただきました | 遠野まごころネット
  5. ^ 当初は読みきりで、2003年の『まんがライフMOMO』創刊を機に連載化。
  6. ^ 連載開始当初『まんがくらぶオリジナル』で連載。2003年、『サークルコレクション』終了後の『まんがライフオリジナル』でも連載となり2誌体勢になるが、2005年『まんがくらぶオリジナル』でのみ連載を終了(同誌では『やまいだれ』連載開始)以後『まんがライフオリジナル』1誌連載。
[ヘルプ]