小城正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小城 正(こじょう ただし、1920年 - )は、日本の陸軍軍人陸上自衛官、著作家。陸士54期。

経歴[編集]

鹿児島県出身。陸軍士官学校(54期)を卒業して陸軍歩兵将校となった。1945年(昭和20年)の沖縄戦に、第24師団隷下の歩兵第22連隊の第1大隊長として参加し、最前線の歩兵部隊指揮官として強大なアメリカ軍を相手に奮闘した。沖縄守備軍が壊滅した後はゲリラ戦に移行し、大日本帝国ポツダム宣言を受諾して連合国に降伏した後となる1945年(昭和20年)11月15日にアメリカ軍に投降した。

その後、陸上自衛隊に入り、卓越した語学力を生かし防衛庁の渉外幕僚などを務めた。

1970年(昭和45年)に退官後、豊富な語学知識と戦場経験を生かし、日米戦記の翻訳活動に専従するかたわら、著作家としても活躍し、沖縄戦の最前線を記した『天王山』をアメリカ人作家ジョージファイファーと共著し、貴重な沖縄戦最前線の実記を残した。

訳書[編集]

  • ロンメル戦記 : ドキュメント リデル・ハート 編,小城正 訳 読売新聞社 1971
  • ナチス第三帝国の崩壊 : スターリングラードからベルリンへ ワシリー・I.チュイコフ 著,小城正 訳 読売新聞社 1973
  • 提督・スプルーアンス トーマス・B.ブュエル 著,小城正 訳 読売新聞社 1975
  • ウィンゲート空挺団 : ビルマ奪回作戦 デリク・タラク 著,小城正 訳 早川書房 1978 (Hayakawa nonfiction)
  • ダンケルクの奇跡 : イギリスの大撤退作戦 A.J.バーカー 著,小城正 訳 早川書房 1980 (Hayakawa nonfiction)
  • 謀略 : 第二次世界大戦秘史 アンソニー・ケイヴ・ブラウン 著,小城正 訳 フジ出版社 1982
  • 狐の足跡 : ロンメル将軍の実像 上下 デイヴィッド・アーヴィング 著,小城正 訳 早川書房 1984
  • ガリポリ : 第1次大戦における最大の勇気と最大の愚行 アラン・ムーアヘッド 著,小城正 訳 フジ出版社 1986
  • 天王山 : 沖縄戦と原子爆弾 上下 ジョージ・ファイファー 著,小城正 訳 早川書房 1995
  • 提督スプルーアンス トーマス・B.ブュエル 著,小城正 訳 学習研究社 2000 (WW selection)

脚注[編集]