小城藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

小城藩(おぎはん)は、佐賀藩支藩。藩主家は小城鍋島家

概要[編集]

立藩の時期は諸説ありはっきりしないが、江戸時代初期に初代佐賀藩主・鍋島勝茂の長男・元茂が佐賀藩領内の佐嘉郡小城郡松浦郡において7万3000石(佐賀藩の内高)を与えられたことに始まる。元茂は長男であるが、勝茂の後添えの正妻(徳川家康の養女・菊姫)の子で四男の忠直が嫡子となった(忠直は早世したため、その長男・光茂が第2代佐賀藩主となっている)。

佐賀城西の丸を当初、政庁としたが、第2代藩主・直能の時に小城(佐賀県小城市)に陣屋を構え政庁とした。なお、直能は文人大名として有名である。

第3代藩主・鍋島元武は第5代将軍・徳川綱吉に重用されて幕政に参加した。

しかし次第に藩財政は悪化した。第7代藩主・鍋島直愈の時代には幕府の御用に対し必要経費が足りず、幕府に拝借金を嘆願したが、これが幕府の怒りを買って叱咤され、佐賀本藩の藩主も江戸城登城停止の処罰を受けている。

第9代藩主・鍋島直堯は、文化13年(1816年)に佐賀藩から独立して城主格大名となることを望んだが、本藩より却下された。小城藩は便宜上は佐賀藩の支藩(内分分知)であるが、他の支藩同様に本家とは仲が悪かった。

明治4年(1871年)、廃藩置県により小城県となる。その後、伊万里県・佐賀県・三潴県長崎県を経て佐賀県に編入された。

藩主の鍋島家は明治2年(1869年)に華族に列し、明治17年(1884年)の華族令子爵に叙せられた。

歴代小城藩主[編集]

  1. 元茂
  2. 直能
  3. 元武
  4. 元延
  5. 直英
  6. 直員
  7. 直愈
  8. 直知
  9. 直堯
  10. 直亮
  11. 直虎

小城藩家老[編集]

西小路鍋島家田尻家、三浦家、野口家、持永家

先代:
佐賀藩の一部
行政区の変遷
1642年以降 - 1871年 (小城藩→小城県)
次代:
伊万里県