小場義易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小場 義易(おば よしやす、慶長6年(1601年) - 万治元年(1658年))は、佐竹氏一門の佐竹西家当主。久保田藩大館第2代所預。

父は小場義成で、叔父は石塚義辰。母は東家佐竹義久の養女(大塚信濃娘)。養子は佐竹義房。通称は六郎。

経歴[編集]

慶長6年(1601年)、佐竹家重臣小場義成の子として生まれる。父の跡を継ぎ大館城代を務めた。大館城は、慶長20年(1615年)の一国一城令の例外として破却されることなく残された。関ヶ原の戦いの敗戦による主家の転封により、知行高が5万石から5000石に減じられたため、新田開発による石高増を図り、新田高が8000石に達した。万治元年(1658年)、大館八幡神社を城外に移築する[1]。同年死去。享年58。

脚注[編集]

  1. ^ 八幡神社”. 秋田県神社庁. 2015年10月12日閲覧。