小塩力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小塩 力(おしお つとむ、1903年3月16日 - 1958年6月12日)は、日本の牧師。

小塩節久米あつみの父。

生涯[編集]

群馬県留岡幸助の同労者の小塩高恒(福岡県生葉郡姫治村出身、1872年 - 1943年)の息子として生まれる。東京府立第四中学(東京都立戸山高等学校)、松本高等学校理科甲類を経て東京帝国大学農学部を卒業後、1926年東京神学社に入学し、植村正久より薫陶を受ける。また、信濃町教会高倉徳太郎に師事し、高倉の元で伝道師を務める。後に、高倉牧師の伝記を書いた。

神学校卒業後、松江教会、佐世保教会の牧師を務めた。佐世保にいるときに1931年長男の小塩節が生まれた。戦争中はスパイの嫌疑をかけられた。

1947年6月8日、日本基督教団井草教会を設立する。「福音と世界」の主筆者として文書伝道を行った。由木康と共に賛美歌の翻訳も行った。日本基督教短期大学の学長も歴任した。

1958年に55歳で逝去した。

著書[編集]

  • 『新約聖書神学辞典』
  • 『聖書入門』岩波書店,1958年
  • 『高倉徳太郎伝』