小寺彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小寺 彰(こてら あきら、1952年4月5日 - 2014年2月10日[1])は、日本法学者。専門は国際法国際経済法京都府出身[2]

略歴[編集]

略歴は以下の通り[3][4]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『転換期のWTO―非貿易的関心事項の分析』(東洋経済新報社,2003年)
  • 『国際投資協定 仲裁による法的保護』(三省堂,2010年)

共編著[編集]

  • 奥脇直也)『国際法キーワード』(有斐閣,初版・1997年/第2版・2006年)
  • 中川淳司)『基本経済条約集』(有斐閣,2002年)
  • 岩田一政山影進山本吉宣)『国際関係研究入門〔増補版〕』(東京大学出版会,2003年)
  • 岩沢雄司・森田章夫)『講義国際法』(有斐閣,初版・2004年/第2版・2010年)
  • 中山信弘道垣内正人)『国際社会とソフトロー』(有斐閣,2008年)
  • (森川幸一・西村弓)『国際法判例百選〔第2版〕』(有斐閣,2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 法学者…小寺彰氏が死去 読売新聞 2014年2月10日
  2. ^ 詳細情報<仲裁人候補者・調停人候補者> Archived 2012年8月15日, at the Wayback Machine. 一般財団法人日本スポーツ仲裁機構
  3. ^ 小寺彰 RIETI
  4. ^ 小寺彰先生ご略歴