小寺昌治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小寺 昌治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県姫路市
生年月日 (1953-01-18) 1953年1月18日(65歳)
身長
体重
176 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1971年 ドラフト外
初出場 1978年8月31日
最終出場 1982年6月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小寺 昌治(こでら まさはる、1953年1月18日 - )は、兵庫県出身のプロ野球選手内野手)、プロ野球審判員。プロ野球選手時代の姓名は藤本 昌治(ふじもと まさはる)。

来歴・人物[編集]

飾磨工業高から山善機器を経て、1971年ドラフト外阪急ブレーブス投手として入団。

入団後まもなく内野手に転向し、1981年には68試合に出場し2本塁打を放つ。選手としては通算88試合に出場し26打数8安打打率.308、2本塁打、6打点、2盗塁1983年に現役を引退。

引退後は、ミズノを経て1987年パシフィック・リーグ審判部に入局した。2008年まで通算1380試合に出場、オールスターゲーム4回(1993年、1995年、2003年、2008年)、日本シリーズ1回(1999年の日本シリーズ)出場。オールスターでは1995年第1戦、日本シリーズでは第3戦でそれぞれ球審

パリーグの名審判・藤本典征元審判部長(のちに審判指導員)の実弟である。兄の現役審判時代には、兄弟揃って同じ試合をジャッジすることもあった。兄同様の、ガッツあふれる派手な「震えるジャッジ(別名コデライク)」と大きなジェスチャー、大きな声が特徴(例えば、アウト、セーフ、ストライクアウトなどのジャッジを1度でいいのに何度も行う、など)であり、珍プレー・好プレーでも紹介された。審判としての技量については、一部外国人選手に評判が悪いなど評価が分かれている人物ではあるが、特に球審として人気の高い審判である。

審判員袖番号36がついたのは入局翌年の1988年からである。理由は見習として入局し翌年正式に関西審判部に入局したからだと思われる。同様のケースとして2007年パシフィック・リーグ東京審判部に入局した工藤和樹が見習だった2006年は袖番号がなかった。

2008年5月26日甲子園球場阪神タイガース埼玉西武ライオンズ戦で三塁塁審を務めた際、西武ヒラム・ボカチカレフトへのファウルになる大飛球をホームランと判定。その後すぐ審判団の協議の結果ファウルに判定を変更する誤審をしてしまった。

2008年オールスターゲームに出場をしたのを花道に、10月1日に京セラドーム大阪で行われたオリックス福岡ソフトバンクホークス戦の2塁塁審を最後に2008年シーズンをもって退職した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 阪急 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1980 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1981 68 29 24 7 8 1 0 2 15 6 2 1 3 1 0 0 1 5 0 .333 .346 .625 .971
1982 11 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:4年 88 31 26 9 8 1 0 2 15 6 2 1 3 1 0 0 1 5 0 .308 .321 .577 .898

記録[編集]

背番号[編集]

  • 53 (1972年 - 1983年)

登録名[編集]

  • 藤本 昌治 (ふじもと まさはる、1972年 - 1983年)

関連項目[編集]