小山政彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小山 政彦(こやま まさひこ、1947年7月6日 - )は、東京都出身の経営コンサルタント。株式会社船井総合研究所代表取締役会長。株式会社風土代表取締役会長。

経歴[編集]

1984年6月、日本マーケティングセンター(現船井総合研究所)に入社。入社3年目には1億円の売上を上げ、7年目には3億円以上を稼ぐコンサルタントとなった。コンサルタントになってからは、自身の数理マーケティング理論として『船井流マーケティングの真髄』を著した[1]。船井総研創業者の船井幸雄は「10年に一人の天才コンサルタント」と言った。[2]

副社長を経て、2000年、同社代表取締役社長に就任。社長就任後は船井グループの業績を回復させ、大証2部から東証1部に上場させたため船井は「船井総研・中興の祖」と評した。[3]

2010年に代表取締役会長に就任(2013年まで[4])。

主な著書・共著[編集]

  • 『船井流マーケティングの真髄 - 一番店づくりの原理原則』(ビジネス社、1992年)
  • 『船井流肩書きがついたら読む本 - 信頼をもたらす<オール肯定>の極意』(大和出版、1993年)
  • 『船井流マーケットと時流の読み方 - 76の数字でつかむ経営上手へのコツ』(実業之日本社、1994年)
  • 『船井流マーケティングの極意』(ビジネス社、1994年)
  • 『船井流流通大変革論―目的来店性』(佐藤芳直と共著、日刊工業新聞社、1995年)
  • 『船井流ヒト(経営資源)の活かし方 - ヒト、モノ、カネ、情報、運、ツキの経営学』(実業之日本社、1994年)
  • 『船井幸雄に学ぶ成功の黄金律 - 「独自固有の長所」を伸ばし、人生に勝つ』(大和出版、1995年)
  • 『「船井流」価値観大転換期における生き残りのセオリー』(実業之日本社、1997年)
  • 『人を敵にまわすか味方にするか - 「船井流・一体化」の極意』(大和出版、1997年)
  • 『心をつかむ力 - 人間力時代のビジネスヒント』(PHP研究所、1997年)
  • 『時代の頭をつかめ! - 会社は必ず変えられる』(総合法令出版、1999年)
  • 『業界再生、ほんもの化のシナリオ』(同朋舎、1999年)
  • 『「客の集まるサービス」ができる本 - 「顧客満足」「感動企画」「リピーターづくり」の仕事術』(成美堂文庫、2000年)
  • 『船井流販売計画の立て方』(岩崎剛幸と共著、実業之日本社、2001年)
  • 『トリプル・トレンドから見た5年後』(船井幸雄と共著、ビジネス社、2002年)
  • 『長所伸展の法則』(船井幸雄と共著、ビジネス社、2003年)
  • 『とことん聞く経営』(サンマーク出版、2003年)
  • 『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社、2004年)
  • 『素頭で1億円稼ぐ仕事塾』(ビジネス社、2004年)
  • 『へぇ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ!』(三笠書房、2005年)
  • 『こうすればあなたの会社は「100年存続」できる!』(実業之日本社、2006年)
  • 『勉強について、私たちの考え方と方法』(羽生善治と共著、PHP研究所、2007年)
  • 『挑戦!グレートカンパニーへの道』(同文館出版、2007年)
  • 『デキる上司の伝える力』(あさ出版、2008年)
  • 『何があっても倒産させない社長力』(こう書房、2009年)
  • 『幸せに生きるための法則』(創英社/三省堂書店、2011年)
  • 『9割の会社は社長で決まる』(中経出版、2011年)
  • 『9割の会社は人事育成で決まる!』(中経出版、2012年)

ほか約20冊

脚注[編集]

  1. ^ 小山政彦著『船井流マーケティングの真髄 - 一番店づくりの原理原則』(ビジネス社、1992年)
  2. ^ 船井幸雄著『船井幸雄のいま知らせたいこと』(7月7日、2006年)
  3. ^ 船井幸雄著『船井幸雄のいま知らせたいこと』(3月25日、2013年)
  4. ^ 小山政彦 年間3億円売り上げるスーパーコンサルタント 講演情報.com

関連項目[編集]