小山田一閃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小山田 一閃(おやまだ いっせん、生年不詳 - 元禄15年12月18日1703年2月3日))は、江戸時代前期の武士赤穂藩浅野氏の家臣。隠居前の通称は十兵衛(じゅうべえ)。

生涯[編集]

赤穂藩に江戸詰め100石の藩士として仕えた。子に小山田庄左衛門などがいる。

山鹿素行が赤穂へ流されたときの受け取りの護送人の一人として携わった。その後、隠居して子の庄左衛門に家督を譲り、一閃と号し、その後は娘婿にあたる松山八右衛門(旗本大久保忠庸の家臣)宅に身を寄せた。

元禄14年(1701年)3月14日に浅野長矩吉良義央への殿中刃傷が発生し赤穂藩が改易となると、一閃は隠居の身のうえ高齢なため、大石良雄の盟約に参加できず、庄左衛門が代わりに盟約に加わり吉良邸討ち入りに望みを託した。しかし、元禄15年(1702年)12月15日の吉良邸討ち入り後、一閃は義士の中に息子の名を探したが見当たらず、調べてみると庄左衛門は脱盟し逃亡した上、同志の片岡高房から金銭を盗んでいたことが発覚した。これに絶望した一閃は同年12月18日に切腹して死去した。