小山良秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小山 良秀(おやま よしひで、寛永2年(1625年) - 延宝3年10月2日1675年11月18日))は、江戸時代前期の赤穂藩浅野氏の家臣。通称は喜右衛門。養子に小山良師

長兄大石良欽(1500石筆頭家老)・次兄大石良重(450石家老)とともに浅野長直浅野長友の2代にわたり赤穂藩に仕え、良秀には300石が支給された。延宝3年(1675年)に京都において没している。享年51。京都妙心寺の幡桃院に葬られた。芳名は峰清院岐春道居士。

子がなかったが、良秀の死後に長兄の大石良欽の三男・良師が養子に入って家督を継ぐことが認められた。