小山鉄郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小山 鉄郎(こやま てつろう、1949年 - )は日本ジャーナリスト共同通信社編集委員兼論説委員。日本記者クラブ賞受賞。

人物・経歴[編集]

群馬県出身。一橋大学経済学部を卒業し、1973年共同通信社に入社。川崎支局、横浜支局、社会部などを経て、1984年から文化部。共同通信社編集委員兼論説委員[1]

この間、2009年まで文字文化研究所理事を務めたほか[2]白川静漢字学や村上春樹についての著作活動も行う[3]。村上春樹に対しての単独インタビューを含む一連の著作活動により、2013年度の日本記者クラブ賞を受賞[4]

著書[編集]

  • 『文学者追跡 1990年1月~1992年3月』文藝春秋 1992
  • 白川静さんに学ぶ漢字は楽しい』 共同通信社 2006、新潮文庫 2009
  • 『白川静さんに学ぶ 漢字は怖い』共同通信社 2007、新潮文庫 2012
  • 『白川静さんと遊ぶ 漢字百熟語』PHP新書 2009
  • 村上春樹を読みつくす』講談社現代新書 2010
  • 『白川静 文字学入門 なるほど漢字物語』共同通信社 2012
  • 『空想読解 なるほど、村上春樹』共同通信社 2012
  • 『あのとき、文学があった-「文学者追跡」完全版』論創社 2013
  • 『大変を生きる 日本の災害と文学』作品社 2015
  • 『白川静入門 真・狂・遊』平凡社新書 2016
  • 『白川静さんに学ぶこれが日本語』論創社 2019

共著[編集]

  • 『白川静さんに学ぶ漢字絵本 足の巻』監修 はまむらゆう文・絵・古代文字 論創社 2011
  • 『村上春樹を読む午後』湯川豊共著 文藝春秋 2014
  • 『文学はおいしい。』ハルノ宵子画 作品社 2018

注釈[編集]

  1. ^ 「著者略歴」『白川静 文字学入門 なるほど漢字物語』
  2. ^ 「(11)「歩」 左右の足をかいた字」共同通信
  3. ^ 「著者について」『空想読解 なるほど、村上春樹』
  4. ^ 村上ワールド読み解き、日本記者クラブ賞[1]