小島健郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
小島 健郎
基本情報
出身地 和歌山県
選手情報
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小島 健郎(こじま けんろう)は、日本の元アマチュア野球選手である。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

和歌山商業高等学校では、1964年夏の甲子園県予選に出場し、チームは準々決勝に進んだが、その準々決勝で藤田平らがいた市立和歌山商業高等学校に敗れた。

高校卒業後は、近畿大学に進学した。関西六大学野球リーグでは加納茂(電電近畿)とともにエースとして活躍する。1967年の秋季リーグで優勝を果たし、翌年の秋季リーグでも優勝を果たした。1968年秋の明治維新百年記念明治神宮野球大会の関西六大学選抜のメンバーにも選出された。大学同期に藤原満有藤道世らがいた。

1968年のドラフト会議阪神から4位指名されたが入団を拒否し、日本生命に入社した。 [1][2]

1969年のドラフト会議でも中日から10位指名されたが再び入団を拒否し、チームに残留した[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 過去のドラフト 第4回(1968年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月23日閲覧。
  2. ^ ドラフト|チーム情報|阪神タイガース公式サイト”. 2020年6月22日閲覧。
  3. ^ 過去のドラフト 第5回(1969年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月23日閲覧。

関連項目[編集]