小島真二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

小島 真二(こじま しんじ、1928年3月8日 - )は日本映画照明技師、日本映画照明協会理事。茨城県霞ヶ浦出身。

経歴[編集]

3兄弟の末っ子として生まれ、出征した兄に憧れ陸軍幼年学校卒業後、軍人になろうと考えたが両親反対で海軍航空庁養成学校に入学し、そこを出て航空エンジニアになろうとしたが、日本体育大学学生寮管理事務時代に日本体育大学理事長であり、丸谷証券代表取締役社長だった米本卯吉に師事し、1949年に米本の東宝代表取締役社長就任に伴い小島も米本の秘書という形で東宝に入社。

1951年に東宝撮影所の照明助手となり、1970年に照明技師として1本立ちする。

映画[編集]

公開年月日 作品名 制作(配給) 役職
1952年10月9日 生きる 東宝撮影所
東宝
照明助手
1954年4月26日 七人の侍
1954年11月3日 ゴジラ
1961年7月30日 モスラ
1964年7月11日 無責任遊侠伝
1966年1月3日 無責任清水港 東宝撮影所
渡辺プロ
(東宝)
1966年5月28日 クレージーだよ奇想天外
1967年4月29日 クレージー黄金作戦
1968年4月27日 クレージーメキシコ大作戦
1968年11月2日 日本一の裏切り男
1969年11月1日 日本一の断絶男
1970年9月12日 ひらヒラ社員 夕日くん 東宝撮影所
(東宝)
照明
1970年10月31日 どですかでん 東宝撮影所
四騎の会
(東宝)
照明助手
1971年1月9日 若大将対青大将 東宝撮影所
(東宝)
照明
1971年5月22日 昭和ひとけた社長対ふたけた社員
1971年10月30日 昭和ひとけた社長対ふたけた社員 月月火水木金金
1973年5月12日 戦争を知らない子供たち 東宝映画
(東宝)
1973年11月17日 日本侠花伝
1974年8月3日 ノストラダムスの大予言 東宝映画
東宝映像美術
(東宝)
1975年4月5日 櫛の火 東京映画
(東宝)
1975年9月6日 動脈列島
1976年1月17日 妻と女の間 東宝映画
(東宝)
1976年10月2日 大空のサムライ
1976年10月23日 星と嵐 東宝映像美術
M・M・C
(東宝)
1976年12月25日 恋の空中ぶらんこ 東宝映画
(東宝)
1977年3月19日 巨人軍物語 進め!!栄光へ 日本映画新社
(東宝)
1977年7月30日 HOUSE ハウス 東宝映像美術
(東宝)
1977年10月29日 姿三四郎 東宝映画
(東宝)
1977年12月17日 惑星大戦争 東宝映画
東宝映像美術
(東宝)
1978年9月23日 聖職の碑 東宝映画
シナノ企画
(東宝)
1978年11月23日 ブルークリスマス 東宝映画
(東宝)
1979年7月14日 金田一耕助の冒険 角川春樹事務所
(東宝)
1979年11月3日 遠い明日 東宝映画
(東宝)
1980年8月30日 地震列島
1981年7月11日 ブルージーンズメモリー BLUE JEANS MEMORY
1981年8月8日 連合艦隊
1982年6月12日 ひめゆりの塔 芸苑社
(東宝)
1982年12月18日 ウィーン物語 ジェミニ・YとS 東宝映画
(東宝)
1984年3月17日 さよならジュピター 東宝映画
イオ
(東宝)
1984年4月14日 F2グランプリ 東宝映画
(東宝)
1984年12月15日 ゴジラ
1985年3月2日 生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件 ヴァンフィル
(東映クラシックフィルム)
1985年10月10日 山下少年物語 キネマ東京
ザ・ワールド企画
森岡賢一郎事務所
東宝東和
1990年11月10日 おあずけ フォーユークリエイティブ
1993年8月14日 地球っ子 いのちと愛のメッセージ パオ

出典・参考文献[編集]