小島紋次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小島 紋次郎(こじま もんじろう、文政8年(1825年)? - 慶応2年10月2日1866年11月8日)は、幕末一揆指導者[1]

経歴・人物[編集]

武蔵国秩父郡上名栗村の貧農、大工[2]。慶応2年(1866年)米価引き下げを求めた武州世直し一揆を指導[1]。捕えられ獄死した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『小島紋次郎』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『小島紋次郎』 - コトバンク