小島英記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小島 英記(こじま ひでき、1945年 ‐ )は、日本作家、元新聞記者福岡県八女市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。日本経済新聞パリ特派員、文化部編集委員などを経て作家。はじめ小島英煕の筆名を用いた。歴史小説を書く。作家・小島直記の長男[1]

著書[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 12月の一冊 『第二の男』”. 玄葉光一郎事務所. 今月の一本 今月の一冊 (2009年12月31日). 2019年4月22日閲覧。