小嶋善吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小嶋善吉
こじま ぜんきち
生年月日 (1947-05-30) 1947年5月30日(71歳)
出生地 岐阜県
出身校 東京大学法学部
前職 静岡県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
称号 法学士

Flag of Shizuoka, Shizuoka.svg (新)静岡市長
当選回数 2回
在任期間 2003年4月14日[1] - 2011年4月12日

Flag of Fomrer Shizuoka Shizuoka.JPG (旧)静岡市長
当選回数 3回
在任期間 1994年 - 2003年
テンプレートを表示

小嶋 善吉(こじま ぜんきち、1947年5月30日 - )は、日本政治家。1994年から2003年まで(旧)静岡市長を、2003年から2011年まで(新)静岡市長を務めた。

概要[編集]

岐阜県出身。1971年3月東京大学法学部卒業。同年7月、日本勧業銀行第一勧業銀行を経て現在のみずほ銀行)に入行、銀行員として勤務(同期入行組には、(旧)みずほ銀行頭取を務めた杉山清次らがいる)。

1979年から静岡県議会議員を4期務め、自民党県連副会長を歴任した。1993年第40回衆議院議員総選挙静岡1区(中選挙区)から立候補するが落選。天野進吾市長の辞任に伴う1994年の旧静岡市長選で元防衛医大副校長の鈴木正孝(後に参議院議員)らを破り初当選、初当選後3期9年旧静岡市の市長を、合併後の2期8年新静岡市の市長を務め、合わせて17年市長職を務めた。

静岡市の魅力に関しては「大都市でありながら、豊かな自然環境をもつ「暮らし満足度」の高さが魅力」と語っている。

(旧)静岡市清水市の合併実現に尽力し、2005年、悲願であった静岡市の政令指定都市移行を達成。

2005年6月7日、指定都市市長会を代表して、環境大臣(当時)の小池百合子に指定都市環境アピールを提出した。

任期中は自ら企業を回り、市の産業振興策などを売り込んだ。タウンミーティングも行い市民とのふれあいを図った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 静岡市長選挙において当選した者の住所及び氏名 (平成15年静岡市選挙管理委員会告示第60号) 2003年4月14日。静岡市報 第1号 平成15年5月1日 p.51


公職
先代:
天野進吾
静岡市長
1994 - 2003
次代:
(廃止)
先代:
(発足)
静岡市長
初代-第2代:2003 - 2011
次代:
田辺信宏