小川の辺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
小川の辺
監督 篠原哲雄
脚本 長谷川康夫、飯田健三郎
原作 藤沢周平
製作 「小川の辺」製作委員会
出演者 東山紀之
片岡愛之助
勝地涼
菊地凛子
音楽 武部聡志
撮影 柴主高秀
製作会社 デスティニー
配給 東映
公開 日本の旗 2011年7月2日
(山形県内は6月18日)
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5億5000万円[1]
テンプレートを表示

小川の辺』(おがわのほとり)は、2011年公開の日本映画

概要[編集]

藤沢周平の短編集『闇の穴』収録の同題短編小説が原作。ロケは藤沢作品に多く登場する架空の藩「海坂藩」のイメージとされる山形県庄内地方で行なわれた[2]

2011年7月2日の全国公開にさきがけ、6月18日に山形県で先行公開[3]

同年3月11日に発生した東日本大震災の被災地支援のためのチャリティ上映会が6月7日に行われたほか、全国各地で行われた上映会・試写会では募金箱が設置された[4]

あらすじ[編集]

剣の達人である若き海坂藩士・戌井朔之助は、藩命により藩政を批判し脱藩した佐久間森衛を討つべく彼の元に向かっていた。しかし佐久間の妻は朔之助の実妹・田鶴である。場合によっては妹も斬らねばならないという朔之助は葛藤を続けていたが…。

キャスト[編集]

エキストラ

スタッフ[編集]

脚注[編集]