小川エリカ (ギネス認定員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小川 エリカ(おがわ エリカ、1977年 - )は、ギネス世界記録認定員。

2009年から活躍する一方で、2010年の日本支社立ち上げに携わり、2012年より日本地域カントリーマネージャーとなる。本社における最年少且つアジア人初の幹部。2014年から2019年まで日本支社代表取締役社長。

2013年4月より、地元の特産物などを使って世界記録に挑戦することで町おこしに繋げる「ギネス世界記録 町おこしニッポン」を始動し、47都道府県に広まる。 また、新たな試みとして、日本の技術力、職人技などを「世界一」の名の下に発信することを応援する『匠ニッポン』プロジェクトを開始。

社会起業家の経営支援を行う一般社団法人World In Tohokuのシニアアクセラレータとしても活動。

経歴[編集]

1977年山梨県甲府市生まれ。以来、12歳までドイツフランスアメリカに住んだ経験を持つ。桐朋女子中学校・高等学校青山学院大学(経営学)を卒業。

ディスカバリー・エンターテインメントに所属しながら、1997年から2003年にかけてテレビ番組、雑誌、イベント等でレポーター、企業MCプレゼンター、通訳MC、翻訳者として活動したほか、会社の立ち上げ等にも関わった。2003年から企画制作、広告会社で勤務。2008年にイギリスに本社を置くギネスワールドレコーズ社に入社。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

新聞[編集]

雑誌[編集]

コンテスト/イベント[編集]

参考文献[編集]