小川テント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小川テント株式会社
OGAWA TENT CO., LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
135-8471
東京都江東区福住1-4-17
設立 1946年3月3日
事業内容 大型膜構造物、公害防止用設備資材、物流関連製品・設備、海洋土木資材、車輌関連製品、官公庁調達製品等の企画・設計・製造・販売及び施設運営
代表者 破産管財人 阿部信一郎
資本金 6,000万円
売上高 4,26600万円(2010年3月現在)
従業員数 55名
主要子会社 小川キャンパル、小川クラウン、オガワテクノ、オガワファブスペース
特記事項:創業:1914年2月14日
テンプレートを表示

小川テント株式会社(おがわテント)は、かつて東京都江東区に本社を置き、大型膜構造物、アウトドア用品などを製造・販売していた企業。

概要[編集]

テント製品やアウトドア製品ではogawaブランドで知られていた。また、自衛隊で使用される野外洗濯セットの製造を行った。

2011年10月31日に東京地方裁判所破産を申請し、同日付で破産手続開始決定を受けた。アウトドア用品並びにOgawaブランドは関連会社の株式会社小川キャンパルが引き継いだが、2015年3月25日にキャンパルジャパン株式会社へ事業並びにブランドを譲渡し[1]、小川キャンパルは同日付で東京地裁から破産手続開始決定を受けた[2]。ogawaブランドはキャンパルジャパンが保有している。

なお、経営破綻時における関連会社4社の内、2017年現在も存続している企業はオガワファブスペース1社のみであり、小川キャンパル、小川クラウン、オガワテクノの3社は後に経営破綻した。小川テントから分社化された和興企画は小川テントの経営破綻時点では関連会社ではなくなっていたが、2017年現在も小川キャンパルから事業を譲受したキャンパルジャパン、オガワファブスペース、オガワテクノから事業を譲受した未来テクノの3社とは取引関係にある[3]

沿革[編集]

  • 1914年2月14日 - 東京市京橋区八丁堀に株式会社小川治兵衛商店開業
  • 1915年5月 - 小川工業株式会社に変更
  • 1918年7月 - 東京市深川区に深川工場設置
  • 1920年5月 - 東京市京橋区に月島工場設置
  • 1922年9月 - 東京市深川区永代に本社移転
  • 1932年3月 - 東京市足立区に千住工場設置
  • 1940年6月 - 広島市出汐町に同系の広島小川工業株式会社設立
  • 1940年7月 - 奉天に同系の満州小川株式会社設立
  • 1943年5月 - 上海に傍系の同興小川公司設立
  • 1944年7月 - 入間郡水富村に水富工場設置
  • 1945年1月 - 松本市今町に本社及び工場を一部疎開
  • 1946年3月3日 - 東京市京橋区月島に工場併設の小川テント株式会社設立
  • 1948年4月 - 中央区銀座に銀座分室開設
  • 1950年4月 - 東区平野町に大阪出張所開設
  • 1950年5月 - 小川繊維株式会社に変更
  • 1951年12月 - 小川テント株式会社に変更
  • 1952年1月 - 江東区深川冬木町で深川工場復興
  • 1955年9月 - 千代田区九段に九段営業所開設
  • 1956年5月 - 出汐町に広島営業所及び工場開設
  • 1956年12月 - 松本市分銅町に松本営業所開設
  • 1960年10月 - 東区新出来町に名古屋出張所開設
  • 1961年4月 - 本社を工場併設のまま江東区深川冬木町に新築移転
  • 1962年5月 - 港区大江町に名古屋工場設置
  • 1963年7月 - 北区老松町に大阪事務所開設
  • 1964年2月 - 草津市大路にビワ縫製株式会社設置
  • 1966年4月 - 西ドイツにヨーロッパ事務所開設
  • 1969年11月 - 江刺市愛宕に江刺工場設置
  • 1973年4月 - 大阪営業所を西区京町堀に新築移転
  • 1973年8月 - パキスタン事務所設置
  • 1973年12月 - 江東区冬木に有限会社クラウンサービス設立
  • 1977年1月 - 加茂郡坂祝町黒岩に岐阜工場設置
  • 1982年4月 - 中区大須に名古屋出張所開設
  • 1983年4月 - 西区24軒に札幌出張所開設
  • 1984年5月 - 札幌出張所を中央区北8条に移転
  • 1984年10月 - 広島営業所を南区出汐に新築移転
  • 1986年4月 - 大阪営業所を東大阪市今米に新築移転
  • 1987年4月 - 有限会社キャンパルショップ設立
  • 1987年9月 - 名古屋営業所を北区大杉町に移転
  • 1989年11月 - 博多区那珂に福岡営業所開設
  • 1992年7月 - 岩手県胆沢郡胆沢町小山に胆沢工場設置
  • 1993年3月 - 若林区新寺に仙台出張所開設
  • 1995年6月 - 江刺市玉里に有限会社スタークラウン分社設立
  • 1998年3月 - 札幌営業所を西区発寒5条に移転。福岡営業所を博多区元町に移転。名古屋営業所を西区小田井に移転
  • 1998年6月 - 江刺市伊手に有限会社和興企画分社設立
  • 2000年2月 - 有限会社キャンパルショップを有限会社小川キャンパルに変更し分社設立し、その後株式会社へ移行。
  • 2000年3月 - 本社を江東区福住に移転。有限会社クラウンサービスを江東区福住に移転
  • 2000年4月 - 江刺市愛宕に有限会社オガワテクノを分社設立。坂祝町黒岩に有限会社オガワファブベースを分社設立し、その後株式会社へ移行。江東区福住に株式会社小川クラウンを分社設立。
  • 2001年4月 - 江東区福住に株式会社オガワテクノ東京事務所開設
  • 2004年10月 - 本社新社屋へ移転
  • 2008年11月 - 奥州市胆沢区に東北営業所設置
  • 2009年4月 - 東北営業所を奥州市江刺区に移転
  • 2011年10月20日 - 破産手続開始申立準備[4]
  • 2011年10月31日 - 東京地裁に破産申請し、即日受理された。負債総額は約38億3800万円(平成23年8月期決算ベース)[5][6]

かつての関連会社[編集]

  • オガワファブスペース - 小川テントの経営破綻後も単独企業として2017年現在も営業中。
  • 和興企画 - 小川テントの経営破綻時点では関連会社ではなくなっており、単独企業として2017年現在も営業中。
  • オガワテクノ - 小川テントの経営破綻後も単独企業として存続していたが、2015年3月19日に東京地裁へ民事再生法適用を申請し[7]、同年3月25日に民事再生手続開始決定[8]前田工繊が民事再生スポンサーとなり、事業は同年6月12日に前田工繊が設立した未来テクノ株式会社へ譲渡[9]。オガワテクノ自体は2017年4月に本社を岩手県奥州市から東京都港区へ移転したのち、2017年7月5日に法人格消滅[10]
  • 小川キャンパル - 小川テントの経営破綻後も、日本マグロ資源研究所株式会社の支援の下で単独企業として存続していたが、小川テントに対する貸倒損失によって債務超過に陥っていた他、2015年2月に支援企業であった日本マグロ資源研究所の当時の社長が脱税で逮捕されたことによる信用失墜などにより、2015年3月25日にキャンパルジャパンへ事業譲渡。小川キャンパル自体は同日付で東京地裁から破産手続開始決定[2]。小川キャンパル自体は2016年7月28日に法人格消滅[11]
  • 小川クラウン - 小川テントの経営破綻後も単独企業として存続していたが、2012年2月22日に東京地裁から破産手続開始決定[12]
  • スタークラウン - 小川テントの経営破綻時点では関連会社ではなくなっていたが、2013年9月26日に盛岡地裁水沢支部から破産手続開始決定[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 事業譲渡のお知らせ小川キャンパル
  2. ^ a b TSR速報 (株)小川キャンパル東京商工リサーチ 2015年3月27日
  3. ^ 有限会社和興企画奥州市産業情報
  4. ^ 小川テント(株)〜破産手続開始申立準備
  5. ^ TSR速報 小川テント(株)東京商工リサーチ 2011年10月31日
  6. ^ 小川テント(株)/破産・債権者判明JC-net. 2011年11月2日
  7. ^ (株)オガワテクノ/民事再生JC-net. 2015年3月20日
  8. ^ 追報:(株)オガワテクノ/民事再生手続き開始決定JC-net. 2015年4月6日
  9. ^ 事業譲受に関するお知らせ前田工繊 2015年6月12日
  10. ^ オガワテクノ国税庁法人番号公表サイト
  11. ^ 小川キャンパル国税庁法人番号公表サイト
  12. ^ 小川クラウン破産データバンク
  13. ^ 有限会社スタークラウン(岩手県奥州市)破産手続き開始ジャパンビジネスレポート 2013年10月4日