小川一乗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

小川 一乘(おがわ いちじょう、1936年 - )は、日本仏教学者文学博士真宗大谷派僧侶大谷大学名誉教授、真宗大谷派講師[1]、西照寺[2]住職。元大谷大学学長、元真宗大谷派教学研究所所長。専攻はインド仏教学。

来歴[編集]

北海道出身。1959年、大谷大学文学部を卒業。1965年、大谷大学大学院博士課程を満期退学。

著書[編集]

  • 『空性思想の研究』全3冊(文栄堂書店, 1976年-1988年
  • 『大乗仏教の根本思想』(法藏館, 1995年) ISBN 4831878324
  • 『小川一乗講話選集』全3冊(法藏館, 2002年
  • 『親鸞と大乗仏教 : 大谷大学最終講義「大乗の中の至極」』(法藏館, 2004年- ) ISBN 4831886947
  • 『小川一乗仏教思想論集』(法藏館, 2004年- ) ISBN 4831833746
  • 『親鸞と大乗仏教』(法藏館, 2004年) ISBN 4831886947
  • 『親鸞が出遇った釈尊 -浄土思想の正意』筑摩書房〈シリーズ親鸞 第二巻〉、2010年、ISBN 978-4-480-32022-3

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「講師」…真宗大谷派における最高学位。
  2. ^ 西照寺…所在地は北海道北見市留辺蕊町宮下町15。真宗大谷派北海道教区に所属。
先代:
訓覇曄雄
大谷大学
25代学長:2000-2004
次代:
木村宣彰