小川全夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小川 全夫(おがわ たけお、1943年7月31日 - )は、日本の社会福祉学者、山口大学九州大学名誉教授。

略歴[編集]

台北市生まれ、兵庫県出身。鹿児島大学文理学部卒業、九州大学大学院文学研究科社会学科修士課程修了、1996年「地域の高齢化と福祉 高齢者のコミュニティ状況」で久留米大学文学博士宮崎大学教育学部講師、助教授、山口大学人文学部助教授、教授をへて、名誉教授、1998年九州大学文学研究科教授となる[1]。2006年定年退官、名誉教授、山口県立大学教授、2010年熊本学園大学教授を務め、2014年退職[2]

著書[編集]

  • 『地域の高齢化と福祉 高齢者のコミュニティ状況』恒星社厚生閣 1996
  • 『よだきぼの世界』 (みやざき21世紀文庫) 鉱脈社 1996

共編著[編集]

  • 『高齢社会の地域政策 山口県からの提言』堀内隆治共編著 ミネルヴァ書房(Minerva福祉ライブラリー 2000
  • 『家族・福祉社会学の現在』木下謙治共編 ミネルヴァ書房(シリーズ「社会学の現在」) 2001
  • 『ニューエイジング 日米の挑戦と課題』安立清史共編 九州大学出版会 2001
  • 『老いる東アジアへの取り組み 相互理解と連携の拠点形成を』 (東アジア地域連携シリーズ) 編 九州大学出版会 2010
  • 『半完成協奏曲♪さらなる・はんせいきへ♪ 県民"共有の財産"を育てる コープやまぐち50年の軌跡』監修, 有吉政博編著 日本生活協同組合連合会 2013
  • 『ファミリー・ソーシャルワークの理論と技法 社会構成主義的観点から』大下由美,加茂陽共編 九州大学出版会 2014

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 小川全夫 略歴 (小川全夫教授、山中進名誉教授退職記念号) 社会関係研究 20(1), 巻頭23p, 2014-12