小川博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川 博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県足利市
生年月日 (1962-04-02) 1962年4月2日(56歳)
身長
体重
178 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト2位
初出場 1985年4月10日
最終出場 1990年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 千葉ロッテマリーンズ (1993 - 1999)

小川 博(おがわ ひろし、 1962年4月2日 - )は、栃木県足利市[1]出身、群馬県育ちの元プロ野球選手投手)。

引退後の2004年に起こした強盗殺人事件(後述)で無期懲役の判決を受け、現在は受刑者となっている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

出生は栃木県だが、1歳時に子供に恵まれなかった群馬県在住の大工・清掃作業員夫婦の養子となり、以後養父母の元で育つ。前橋工高ではエースとして甲子園に3回出場[1]1979年春の選抜では、1回戦で田辺商を完封するが、続く2回戦で川之江高の鍋島博(駒大電電東京)に抑えられ完封負け[2]。同年夏の選手権は3回戦に進むが、比叡山高に敗退[3]。1年上のチームメートに外野手高橋一彦がいた。翌1980年夏の選手権は2回戦(初戦)で、島田茂秦真司のバッテリーを擁する鳴門高に延長12回サヨナラ負け[3]。高校同期には投の二本柱を組んだ左腕の番場覚(前橋市役所)がいた。甘いマスクと豪腕で人気を集めて「群玉(群馬の玉三郎)」と呼ばれ、甲子園のアイドルとなる。

卒業後は青山学院大学へ進学。東都大学野球リーグでは、1年時の1981年春季リーグでチームが二部陥落。その後も低迷するが1984年春季リーグに優勝、入替戦で中大を降し一部復帰を果たす。同年秋季リーグでは2位躍進の原動力となり、弱小だった青学大野球部の知名度向上に貢献した。大学同期には一塁手の陳光栄(鷺宮製作所)、1学年下に斉藤学がいた。

プロ入り後[編集]

1984年のドラフト2位でロッテオリオンズに入団[1]。青学大は当時はまだ運動部に力を入れる前の段階にあって、同大学出身のプロ野球選手は非常に珍しく、小川自身の人気と相俟って後の野球部躍進のきっかけをつくった。サイドスローから繰り出す速球シンカーを武器にローテーションに入り、元祖ドクターKとも呼ばれた。

1985年は開幕第3戦に先発として起用されるなど、新人ながら21試合に登板し2勝をあげる。1988年には先発陣の一角として活躍。オールスターゲームに出場し、5者連続三振を記録[1]。伝説の10.19では第1試合のロッテの先発投手として近鉄の前に立ち塞がった。この年は203回2/3イニングを投げて両リーグ最多の204奪三振を記録した。規定投球回数以上の投手で、奪三振が投球回数を上回ったのはパリーグ史上初[4]であり、最多奪三振のタイトル創設のきっかけとなった[1]

1989年も開幕からローテーションの一角を担うが、5月下旬右肩を痛め支配下登録を抹消され[5]、同年8月に復帰したものの、以降は閉幕まで先発7試合を務めて0勝5敗で防御率7.26と絶不調に陥った。

1990年4月28日、約1年ぶりに勝利投手となる。その際、ヒーローインタビューで「もう勝てないと思った」と人目も憚らず泣きじゃくった[6]

本拠地が千葉マリンスタジアムに移転した初年度1992年に引退した[1]。なお同年一軍での出場はなかった。

引退後もロッテ球団に残り、1999年までコーチ、2000年から2002年11月まで編成担当の球団職員を務めた[1]。ロッテ退団の際には台湾球界からコーチ就任のオファーを受けたが、金額面で折り合いがつかず断っている。

強盗殺人事件[編集]

球界を離れてからは、産業廃棄物処理会社に就職、営業部長を務めていたが、2004年11月18日に上尾市の会社会長宅で強盗殺人を起こし逮捕された[7]。その際、小川が現役中に離婚した先妻への慰謝料などにより、消費者金融へ約1000万円の借金を抱えており、再就職後の2003年4月に自己破産していたことも明らかになった。同年10月、再婚した妻と2人の子どもとさいたま市の賃貸マンションに引っ越したが、ヤミ金融数社から借金していたことも発覚した[8]。2005年1月11日に起訴された[9]。同年2月28日の初公判では、起訴事実を概ね認めたが、犯行の計画性については否認した[10]。同年9月にさいたま地方裁判所で行われた一審判決では、弁護側が主張する計画性の薄い事後強盗殺人罪にあたるという主張は認定されたが、求刑どおり無期懲役判決が言い渡され[11]、控訴後の2審では2006年2月23日、東京高裁で無期懲役判決が出たが上告せずに刑が確定し[12]服役している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 ロッテ 21 2 0 0 0 2 3 4 -- .400 273 61.2 52 6 39 3 5 47 3 0 38 32 4.67 1.48
1986 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 27 6.1 7 2 1 0 0 6 0 0 5 5 7.11 1.26
1987 40 8 3 0 0 3 5 0 -- .375 399 98.2 67 11 39 1 4 79 2 0 39 36 3.28 1.07
1988 31 25 10 1 0 10 9 0 -- .526 838 203.2 144 21 91 8 5 204 3 0 79 77 3.40 1.15
1989 14 13 2 1 0 3 8 0 -- .273 383 86.2 81 24 46 1 6 69 2 0 63 53 5.50 1.47
1990 20 8 0 0 0 3 1 1 -- .750 340 78.1 77 14 31 1 1 55 3 0 44 42 4.83 1.38
通算:6年 132 56 15 2 0 21 26 5 -- .447 2260 535.1 428 78 247 14 21 460 13 0 268 245 4.12 1.26
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 最多奪三振(当時連盟表彰なし):1回 (1988年) ※パシフィック・リーグでは、1989年より表彰

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (1985年 - 1992年)
  • 91 (1993年 - 1994年)
  • 88 (1995年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、123ページ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ セリーグではそれ以前に西村一孔金田正一江夏豊が記録している
  5. ^ ロッテ・小川博投手が現役登録抹消 1989年5月28日 読売新聞 東京朝刊18頁
  6. ^ 毎日新聞1990年4月29日
  7. ^ 埼玉・桶川の家政婦強殺 元ロッテ投手を逮捕 小川博容疑者、借金断られ犯行 読売新聞 2004年12月22日 東京朝刊39頁
  8. ^ 3万円に窮して…強盗殺人 奪三振王、最悪の暴投 元ロッテ投手・小川博容疑者 読売新聞 2004年12月25日 東京夕刊19頁
  9. ^ 元ロッテ投手を強盗殺人で起訴 さいたま地検=埼玉 読売新聞 2005年1月12日 朝刊30頁
  10. ^ 埼玉・桶川の家政婦強殺 初公判 被告の元ロッテ投手、殺意を否認 2005年2月28日 読売新聞 東京夕刊22頁
  11. ^ 元ロッテ投手に無期懲役判決 「見境なく借金」断罪 さいたま地裁=埼玉 読売新聞 2005年9月30日 東京朝刊35頁
  12. ^ 埼玉の家政婦強殺 元ロッテ投手に2審も無期判決/東京高裁 読売新聞 2006年2月23日 東京夕刊22頁

関連項目[編集]