小川史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川 史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市川市
生年月日 (1960-06-06) 1960年6月6日(57歳)
身長
体重
170 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手三塁手二塁手
プロ入り 1978年 ドラフト外
初出場 1980年8月2日
最終出場 1995年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

小川 史(おがわ ひろし、1960年6月6日[1] - )は、千葉県市川市出身の元プロ野球選手内野手[1]プロ野球コーチ

来歴・人物[編集]

浦安高校ではエースで中心打者として活躍。1978年夏の甲子園県予選で準決勝に進出するが、和田豊らのいた我孫子高に敗退。通算打率.475を記録。

1978年オフにドラフト外西武ライオンズに入団[1]。西武時代は行沢久隆石毛宏典などの台頭で目立つ活躍はなく、1982年12月に金銭トレードにて南海ホークスに移籍。

1984年中盤から内野の控えとして一軍に定着。1986年には遊撃のレギュラーを獲得し、規定打席にも到達した。その後も内外野をこなす守備要員として活躍。1990年から1992年までダイエーの選手会長を務め、チームリーダーとしてチームを牽引した。またこの頃、藤本博史湯上谷竑志森脇浩司との4人(4人とも名前読みが『ひろし』)で内野を守ることが度々あった。

晩年は浜名千広若井基安、藤本博史らの台頭により出場機会は減少し、現役最終年となる1996年は一軍出場はなく、同年オフに現役引退。

引退後はダイエー、オリックスのコーチ、ソフトバンクの編成管理スタッフを務め、2009年から2010年まで楽天スカウト、2011年から3年間ソフトバンクの三軍監督を務め、2014年からは一軍ヘッドコーチを務め[2]、同年のリーグ優勝・日本一に貢献。2015年からは再び三軍監督、2016年からは二軍内野守備走塁コーチを務める。同年12月27日プロスカウト就任が発表された[3]

背番号変更が多い選手で、西武入団時にドラフト外ながらいきなり背番号1を与えられたが(当初は背番号2が予定されていたが、キャンプイン直前にロッテから山崎裕之の移籍が決定し、背番号2を着けることになったため変更)、後に新外国人ジム・タイロンに背番号1を譲り背番号24に。しかし今度は背番号24を秋山幸二(背番号71から昇格)に譲り小川は背番号50に。移籍した南海では最初背番号56を着けていたが奮起して背番号1に昇格も、1993年オフにトレードで入団した秋山に再び背番号を譲渡。背番号1から背番号31に変わり引退まで着用した。秋山は、ルーキー時代自らの指導役を務めた小川について「どんな些細なことでも怒られた。今のソフトなイメージとは想像もつかないほど怖かった」と述べている[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 西武 7 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1983 南海
ダイエー
11 9 7 1 1 0 0 0 1 0 1 0 1 0 1 0 0 1 0 .143 .250 .143 .393
1984 51 53 45 8 11 2 0 0 13 4 3 0 5 0 3 0 0 4 1 .244 .292 .289 .581
1985 113 221 192 26 44 8 0 2 58 18 9 5 13 0 15 0 1 25 9 .229 .288 .302 .591
1986 128 516 472 47 117 15 1 3 143 32 14 5 25 0 19 0 0 66 5 .248 .277 .303 .580
1987 73 172 141 14 28 2 0 0 30 7 6 4 12 2 17 0 0 20 4 .199 .281 .213 .494
1988 101 188 164 17 28 6 1 0 36 10 2 1 15 0 8 0 0 24 1 .171 .209 .220 .429
1989 93 312 273 36 74 10 1 3 95 21 9 2 21 2 16 0 0 39 5 .271 .309 .348 .657
1990 106 316 275 36 69 13 0 3 91 27 6 1 19 3 17 0 2 36 9 .251 .296 .331 .627
1991 101 183 143 21 31 6 0 0 37 13 4 1 10 4 25 1 1 22 5 .217 .329 .259 .588
1992 77 98 88 13 19 2 2 0 25 7 3 1 4 0 6 0 0 14 2 .216 .266 .284 .550
1993 74 115 105 6 25 7 0 0 32 6 1 1 4 1 5 0 0 15 2 .238 .270 .305 .575
1994 33 22 22 3 10 1 0 0 11 5 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .455 .455 .500 .955
1995 38 62 53 5 12 1 0 0 13 5 1 0 2 1 4 0 2 8 1 .226 .300 .245 .545
通算:14年 1006 2268 1981 235 469 73 5 11 585 155 59 21 131 13 136 1 6 279 44 .237 .286 .295 .581
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 1 (1979年、1986年 - 1993年)
  • 24 (1979年 - 1981年)
  • 50 (1982年)
  • 56 (1983年 - 1985年)
  • 31 (1994年 - 1996年)
  • 79 (2000年 - 2001年)
  • 74 (2003年 - 2004年、2011年 - 2017年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P125。
  2. ^ 小川ヘッドコーチ、水上コーチが就任会見を行いました福岡ソフトバンクホークス公式サイト2013年10月15日配信
  3. ^ 球団人事について - 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 2017年12月27日
  4. ^ 秋山幸二著『卒業』、西日本新聞社、2003年、P145。

関連項目[編集]