小川島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小川島
Ogawa-shima Island Aerial photograph 2013.jpg
小川島の空中写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
所在地 日本の旗 日本佐賀県
所在海域 玄界灘
座標 北緯33度36分0秒 東経129度54分0秒 / 北緯33.60000度 東経129.90000度 / 33.60000; 129.90000座標: 北緯33度36分0秒 東経129度54分0秒 / 北緯33.60000度 東経129.90000度 / 33.60000; 129.90000
面積 0.92 km²
海岸線長 4 km
最高標高 60.6 m
小川島の位置(佐賀県内)
小川島
小川島
小川島 (佐賀県)
小川島の位置(日本内)
小川島
小川島
小川島 (日本)
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

小川島(おがわしま)は、佐賀県唐津市呼子町の北の沖合に位置する人口約550人、約160世帯の離島である。

呼子港とを往復する定期船「そよかぜ」が1日に5便あり(但し11月1日~3月14日までは4便)、片道約20分かかる。そのほか海上タクシーも運航している。

主産業は漁業で、イカ、ウニ、アワビ、サザエなどが多く採れる。島周辺はイカの好漁場で、一本釣りも行われており、呼子町の名物にもなっている。島の南部に第2種漁港の小川島漁港がある。

小川島は、長崎から壱岐を経て1595年に伝わった捕鯨によって繁栄した。島に移住した中尾氏が小川島を本拠地とし、千人以上を率いて捕鯨を行った。その繁栄振りは、長崎くんちの「鯨の潮吹き」は繁栄していたころの3代中尾茂啓が中心となって作られた、との逸話も残っているほどである。捕鯨は18世紀初頭から昭和初期にかけて興隆を見せ、鯨にまつわる民話や唄なども残っている。鯨の供養のため1863年(文久3年)に建立された鯨鯢供養塔は、今でもその面影を伝えている。また、大正時代に建てられた鯨見張所が保存されており、1974年には供養塔と共に県の重要有形民俗文化財として指定された[1]。さらに2006年に発表された水産庁の未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選にも選ばれている。

脚註[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]