小川新二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

小川 新二(おがわ しんじ、1957年3月27日[要出典] - )は、日本の検察官法務官僚。第5代防衛監察監

来歴[編集]

栃木県出身。栃木県立宇都宮高等学校を経て[1]、1982年に早稲田大学法学部を卒業。1984年に検事任官。2000年法務省刑事局参事官、2006年法務省刑事局公安課長、2008年法務省大臣官房施設課長、2010年東京地方検察庁公判部長、最高検察庁検事等を経て、2011年東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会において事務局長[2]を務め、原子力事故の調査を行う。

2013年岐阜地方検察庁検事正、2014年法務省矯正局[3]。2016年に最高検察庁監察指導部長、以後最高検察庁公安部長、高松高等検察庁検事長[4]などを経て、2019年に広島高等検察庁検事長に就任[5]。2020年3月退官[6]。 2021年(令和3年)4月1日付で防衛監察本部の防衛監察監に就任[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
西田博
法務省矯正局長
2014年 - 2016年
次代:
富山聡
先代:
稲川龍也
高松高等検察庁検事長
2018年 - 2019年
次代:
甲斐行夫
先代:
稲川龍也
広島高等検察庁検事長
2019年 - 2020年
次代:
中原亮一
先代:
野々上尚
防衛監察監
2021年 - 現職
次代:
-