小川泰平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

小川 泰平(おがわ たいへい、1961年 - )は、日本の元警察官コメンテーター犯罪ジャーナリスト

来歴[編集]

愛媛県松山市生まれ。1980年神奈川県警察巡査を拝命。関東管区機動隊、所轄署留置係を経て、刑事に任用される。所轄署刑事課盗犯係、刑事部機動捜査隊に勤務。機動捜査隊では、殺人事件、誘拐事件、企業恐喝を担当。巡査部長に昇任後、刑事部捜査第三課、刑事総務課、国際捜査課、警察庁刑事局刑事企画課などに勤務。韓国警察庁との共同捜査にも携わる。2009年12月退職[1]

人物[編集]

刑事として主に窃盗事件の捜査を担当。知事褒章受賞のほか、警察局長賞、警察本部長賞など受賞歴は500回以上。柔道四段[2]

著書[編集]

  • 『現場刑事の掟』 イースト・プレス (2011年7月31日) ISBN 9784781670515
  • 『泥棒刑事』 宝島社 (2013年5月10日) ISBN 9784800209320
  • 『警察の裏側』 イースト・プレス (2013年8月2日) ISBN 9784781670928
  • 『「刑事ドラマあるある」はウソ?ホント?―元刑事が選ぶ本当にリアルな刑事ドラマ大全』 東邦出版(2014年3月31日) ISBN 9784809412141
  • 『元刑事が明かす警察の裏側』イースト・プレス(2014年4月19日) ISBN 9784781611648

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]