小川洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小川洋
おがわ ひろし
生年月日 (1949-05-17) 1949年5月17日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
出身校 京都大学法学部
前職 国家公務員(通商産業省・経済産業省
特許庁長官
所属政党 無所属

福岡県の旗 公選第17-18代 福岡県知事
当選回数 3回
在任期間 2011年4月23日 - 現職
テンプレートを表示

小川 洋(おがわ ひろし、1949年5月17日 - )は、福岡県知事(3期)。日本通産経産官僚政治家特許庁長官知的財産戦略推進事務局長、内閣広報官を歴任した。

概要[編集]

福岡市出身。福岡県立修猷館高等学校[1][2][3]から京都大学法学部に進み、卒業後、通商産業省に入省。同期入省には、通商産業事務次官の望月晴文、後に同じく特許庁長官となった鈴木隆史らがいる。

2011年4月10日に執行された福岡県知事選挙で初当選。立候補にあたっては自由民主党福岡県連合会所属の一部党員から擁立の動きがあり[4]、その後引退を決めていた麻生渡(元特許庁長官)も「後継者」に指名。2月11日、福岡市内で正式に立候補する意思を示した。その際特定政党の支援は受けず、「県民党」の立場で立候補することも表明[5]

就任にあたっては暦のいたずらにより4月22日金曜日に麻生渡から引き継ぎを受け、明けて翌週25日月曜日に就任した。2016年に山口県朝鮮学校補助金支給停止を受けた質問にて、福岡県は過去に朝鮮学校の北九州市からの二重補助金受領問題以後も補助金を続けることを表明した[6]

2019年の県知事選において、前回と同じように共産党以外に推薦要望届けを提出し、非共産の野党統一候補を希望していた。宿泊税を巡る福岡市との対立、JR九州への対応に加えて、自民党による推薦要望届けを出したが立憲民主党と先に政策協定を結ぶなどしたため推薦を受けられなかった。2月1日に「野党の代表みたいに捉える向きが一部である。」と表明し、与野党対立候補と見られると保守票を失うとして立憲民主や社民党など各党へ推薦願取り消しを求めた。地元紙の西日本新聞は異例の対応と報道した[7][8][9][10][11][12]副総理財務大臣麻生太郎が擁立を主導、自民福岡県連会長の蔵内勇夫が推薦した元厚生労働官僚の武内和久らを破り3選[13]

裏金問題[編集]

1996年から1997年にかけて、通商産業省(現、経済産業省)大臣官房企画室長の立場にあった間、同室がプールしていた裏金を自らの名義の銀行口座に入れて管理していたとして、2005年8月に経済産業省から懲戒処分を受けており、その直後の同年9月に同省を退官している。

裏金は、日本自転車振興会の補助金を財源とする調査研究業務を行っていた通産省の外郭団体「財団法人 産業研究所」の研究にかかる残余金を、事業を所管する企画室が長年にわたって管理していたもので、小川氏は同室室長であった間に、裏金をそれまで預金されていた口座から自らの名義で新たに開設した口座に移すなど、新たな隠ぺいを行ったことがわかっている。

なお、福岡県知事選挙時に使用したパンフレットやビラのプロフィール欄には、大臣官房企画室長の記載を行っていなかった[14]

突然入院問題[編集]

2016年10月、入院先を県庁の誰にも告げずに突然「検査入院」をし、同月の10日から17日の間、県が小川氏の正確な所在を把握していなかったことが明らかになった[15]。県議会決算特別委員会で危機管理上の問題であることを指摘されたが入院先を訪ねる質問については何故か頑として明らかにしなかった[16]

理由については、衆院福岡6区補欠選挙の告示直前のタイミングで入院して自民党福岡県連の推す候補の応援を断ったことから、同党県連内には「欠席の言い訳に入院したのではないか」との疑念が起こった[17]

この姿勢には、自民党のみならず野党からも「逃げ回らず、こちらの陣営も含め、全てにあいさつに来れば済む話だった。彼はもう政治家じゃないね。3期目はないよ」との声が出た[18]

略歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ 東京修猷会 第508回二木会(2004年1月8日(木))
  2. ^ 東京修猷会 第570回二木会(2010年11月11日(木))
  3. ^ 東京修猷会 第592回二木会(2013年4月11日(木))
  4. ^ “福岡県知事選 元内閣広報官で調整 自民、小川洋氏擁立の動き”. 産経新聞. (2010年11月21日). http://sankei.jp.msn.com/region/kyushu/fukuoka/101121/fkk1011210157000-n1.htm 2010年11月27日閲覧。 
  5. ^ “知事選へ小川氏決意”. 朝日新聞. (2011年2月12日). http://mytown.asahi.com/fukuoka/news.php?k_id=41000001102120001 2011年2月12日閲覧。 
  6. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “朝鮮学校への補助金交付 福岡知事「今後も続ける」”. 産経ニュース. 2019年2月4日閲覧。
  7. ^ 福岡県知事、宿泊税巡り「職を賭す」 福岡市と対立、解決に全力”. 47NEWS. 2019年2月4日閲覧。
  8. ^ 【福岡コンフィデンシャル】宿泊税で溝 選挙で「仕返し」”. 西日本新聞Web. 2019年2月4日閲覧。
  9. ^ 【福岡コンフィデンシャル】知事選「与野党対決」回避 立民、現職推薦取り下げへ 小川氏誤算異例の辞退”. 西日本新聞Web. 2019年2月4日閲覧。
  10. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年2月2日). “福岡知事選で小川洋知事、政党推薦願を全て取り下げ 政治的センス疑う声”. 産経ニュース. 2019年2月4日閲覧。
  11. ^ 小川氏、政党推薦願取り下げ=「与野党対決」回避-福岡知事選(時事通信)”. Yahoo!ニュース. 2019年2月4日閲覧。
  12. ^ 小川氏、各党推薦願取り下げ 福岡知事選で「与野党対決」回避”. 日本経済新聞 電子版. 2019年2月4日閲覧。
  13. ^ “知事選大敗で自民福岡県連会長が辞任へ”. 毎日新聞. (2019年4月8日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190408/k00/00m/010/178000c 2019年4月8日閲覧。 
  14. ^ “小川福岡知事に「裏金管理人」の過去、懲戒処分後に特許庁長官を退任”. ニュースサイトHUNTER. (2011年12月2日). http://hunter-investigate.jp/news/2011/12/-hunter-1733.html 
  15. ^ 福岡県:知事の入院先、把握せず 県幹部が認める”. 2019年3月24日閲覧。
  16. ^ 小川洋知事 入院問題 「信じてほしい」繰り返す”. 2019年3月24日閲覧。
  17. ^ 小川洋知事 入院問題 自民党候補応援欠席の言い訳か”. 2019年3月24日閲覧。
  18. ^ 小川洋知事 入院問題 「信じてほしい」繰り返す”. 2019年3月24日閲覧。
福岡県公式サイト「ようこそ知事室へ」
福岡県知事小川洋(おがわひろし)公式ホームページ
公職
先代:
今井康夫
日本の旗 特許庁長官
2004年6月22日 - 2005年9月6日
次代:
中嶋誠