小川用水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川用水(おがわようすい)は、東京都を流れる玉川上水の分水のひとつである。小川橋付近で分水している。

歴史[編集]

小川用水は、1657年に造られた。1870年、玉川上水に通船が実現したことにより、小川用水の他、6つの分水が統合され、新堀が造られた。 今日では、多くの分水が廃止になっているが福生・熊川・拝島・柴崎・砂川・小川の6分水には玉川上水を経て流れている。青梅街道沿いに南堀と北堀に分かれる。新小平駅小平駅付近は親水整備されている。仲町付近で北東部に流れを変える。流末は東久留米市滝山付近。蓋がされている部分もある。大沼町2丁目付近で大沼田用水が合流してくる。


関連項目[編集]