小川紀美代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小川 紀美代(おがわ きみよ)は、日本のバンドネオン奏者。また、世界でも数少ない女性バンドネオン奏者の一人である。

略歴[編集]

日本大学芸術学部卒業。バンドネオンを独学で習得し、短期間でプロとして通用する技量をマスターする。日本のタンゲリアの『六本木カンデラリア』のタンゴのライブ演奏で、バンドネオンを担当するが、2001年に、オーナーの高野太郎が急病となり(同年10月死去)、カンデラリアが閉店し、彼女が最後のバンドネオン奏者となる。。

2001年より、アルゼンチンブエノスアイレスに渡る。バンドネオン奏者のフリオ・オスカル・バネ (Julio Oscar Pane) に師事する。現地でライブ演奏を担う。同年に、最初のアルバム 『Tango Passion』 のレコーディングに参加する。2003年、アルゼンチン最大の音楽祭である「コスキンフェスティバル」(Festival de Cosquín)に日本代表として参加する[1]2005年にはブエノスアイレス市大統領府博物館ホールほか四ヶ所の公式コンサートに参加する[1]2007年からは3年連続で韓国 Asian Improvisasion Art Exchange Mullae に参加する[1]

タンゴばかりでなく、ジャンルを超えて、ジャズフォルクローレのアーティストとの共演が少なくない。また、バンドネオンソロも、手がける。京セラタイガー魔法瓶など企業のコマーシャルの音楽も手がけている[2]。また、バンドネオン奏者の後継者の育成にもつとめる。

CD[編集]

  • Tango Passion(2001年):アストル・ピアソラ作品集:須藤信一郎(ピアノ)小泉博一(ヴァイオリン)
  • Junta Brava!(2003年・クラシックカタログ社):古典タンゴ、フォルクローレ集
  • Tangoloid(2006年・ジパングレーベル):宮野弘紀(ギター)吉野弘志(コントラバス)
  • 月ノ光(2007年・KAZANE RECORDS):バンドネオンソロアルバム
  • Cruz del Norte(2009年・KAZANE RECORDS):バンドネオンソロアルバム
  • Encuentro(2010年・KAZANE RECORDS):アルゼンチンタンゴ・フォルクローレアルバム

脚注[編集]