小市場町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 中区 > 小市場町
小市場町
—  町名  —
小市場町の位置(愛知県内)
小市場町
小市場町
小市場町の位置(名古屋市内)
小市場町
小市場町
小市場町の位置
座標: 北緯35度10分8.6秒 東経136度54分29.1秒 / 北緯35.169056度 東経136.908083度 / 35.169056; 136.908083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
Emblem of Naka, Nagoya, Aichi.svg 中区
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号
市外局番 052[1]
ナンバープレート 名古屋[2]

小市場町(こいちばちょう)は、愛知県名古屋市中区地名。道路用地のみが残る[3]

地理[編集]

江戸時代名古屋城下町に位置する町人町の1つであり、碁盤割のうち大津町筋の東に位置していた鍛治屋町筋の桜ノ町筋から袋町筋の2丁が当町であった[4]

学区[編集]

人口[編集]

国勢調査による人口の推移

1950年(昭和25年) 153人[5]
1955年(昭和30年) 204人[5]
1960年(昭和35年) 198人[6]
1965年(昭和40年) 163人[6]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

清洲越しにより慶長19年、清須北市場が移転して成立した町であり、当時は北市場と称していたものが、いつしか表記が変わったものであるという[4]

沿革[編集]

史蹟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 7. 2015年5月23日閲覧。
  2. ^ 管轄区域” (日本語). 国土交通省中部運輸局愛知運輸支局. 2015年5月23日閲覧。
  3. ^ 名古屋市役所市民経済局地域振興部住民課町名表示係 (2015年10月21日). “中区の町名一覧” (日本語). 名古屋市. 2016年1月29日閲覧。
  4. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 530.
  5. ^ a b c 名古屋市総務局企画室統計課 1957, p. 80.
  6. ^ a b c 名古屋市総務局企画部統計課 1967, p. 73.
  7. ^ a b c d e f g 名古屋市計画局 1992, p. 781.
  8. ^ 名古屋市文化財調査保存委員会 1954, p. 66.

参考文献[編集]

  • 『名古屋史蹟名勝紀要』 名古屋市文化財調査保存委員会、芸術案内社、1954年12月25日
  • 『昭和31年版 名古屋市統計年鑑』 名古屋市総務局企画室統計課、名古屋市、1957年(日本語)。
  • 『昭和41年版 名古屋市統計年鑑』 名古屋市総務局企画部統計課、名古屋市、1967年(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。
  • 名古屋市計画局 『なごやの町名』 名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。

関連項目[編集]