小布施ワイナリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小布施ワイナリー 株式会社
Obuse Winery
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
381-0207
長野県上高井郡小布施町押羽571
設立 1942年昭和17年)
業種 食料品
事業内容 果実酒類の製造販売
代表者 代表者 曽我彰彦
外部リンク http://obusewinery.com/
テンプレートを表示

小布施ワイナリー(おぶせワイナリー、英称:Obuse Winery)は、長野県上高井郡小布施町にあるワインメーカーである。

概要[編集]

小布施ワイナリーは、1942年(昭和17年)に創始者の曽我市之丞によって、ワイン製造免許での製造を行ったことに始まる。当時は林檎酒シードル)がメインであった。

四代目の曽我彰彦は、明治大学農学部卒業後、国立「山梨大学大学院 総合研究部附属 ワイン科学研究センター」[1] でワインを学び、新潟県の「欧州ぶどう栽培研究所 カーブドッチ ワイナリー(CAVE D'OCCI)」[2]に学んだ。1988年(昭和63年)に趣味としてブランデー製造を始め、1995年(平成7年)には欧州系ワイン葡萄(カベルネメルロなど)の畑の拡大を開始した[3][4]

曽我彰彦は、フランスのブルゴーニュ地方で2年間修行した、1997年(平成9年)にヴォーヌロマネ村クロフランタンの蔵と畑で、1998年(平成10年)にはシャブリ村のロンデパキの蔵と畑で修行し、栽培と醸造を勉強した。帰国後は、小布施ワイナリーの栽培・醸造の責任者となった[3]

小布施ワイナリーの特徴は、地元産ワイン専用葡萄に拘っていること、赤ワインは基本的にはタンク貯蔵は行わないないことである。発酵が終わるとそのまま樽貯蔵に進み、その後瓶詰を行っている。もう一つの特徴は、自然派の生産者であること。有機栽培、無化学農薬栽培、無濾過、無清澄、澱引き1回などを実行し、また亜硫酸添加を最小限にとどめることである[3][4]

北海道余市町登地区でワインを造っている「ドメーヌ・タカヒコ」は、曽我彰彦の弟、曽我貴彦が2010年(平成22年)に設立したワイナリーである。曽我貴彦は大学で醸造学を学んだ後、栃木県足利市の「ココ・ファーム・ワイナリー」の農場長を10年間務めた。その後、余市町で4.6ヘクタールの農地を購入し、ドメーヌ・タカヒコを設立した。同社は、日本ワイナリーアワード(Japan Winery Award)[5]主催の「第1回 日本ワイナリーアワード 2018年」に於いて五つ星獲得を達成した、小布施ワイナリーとの兄弟での受賞であった。

店舗情報[編集]

  • 所在地 - 長野県上高井郡小布施町押羽571
  • 代表者 - 曽我彰彦
  • 年間生産量 - 約4万本(国産比率100%)
  • ぶどう畑 - 自社畑(ヨーロッパ式垣根仕立て) 8ヘクタール、栽培・醸造技師 - 曽我彰彦[3]

利用情報[編集]

  • 休日 - 水曜日、祝日、年末年始 12月30・30日 - 1月1-3日、お盆 8月13-16日、ゴールデンウィーク 小布施ミニマラソン開催日前後
  • 営業時間 - 午前9時 - 午後4時
  • 試飲ルーム・ショップ - 築100年以上のワイン蔵を使用、団体来場不可[3]

受賞歴[編集]

「日本ワイナリーアワード(Japan Winery Award)」[5]
  • 第1回 日本ワイナリーアワード 2018 - 五つ星獲得[6]
  • 第2回 日本ワイナリーアワード 2019 - 五つ星獲得[7]
「日本ワインコンクール(Japan Wine Competition)」
  • 第1回 2003年(平成15年)金賞受賞[8]
    • 「ドメイヌ ソガ シャルドネ」(欧州系品種 白)
  • 第6回 2008年(平成20年)金賞受賞[9]
    • 「Domaine Sogga Merlot Privae Reserve」(欧州系品種 赤)
  • 第6回 2008年(平成20年)金賞受賞[10]
    • 「Sogga Pere et Fils Cepage European」(欧州系品種 赤)
  • 第7回 2009年(平成21年)金・欧州系カテゴリー賞受賞[11]
    • 「Domaine Sogga Merlot 2e」(欧州系品種 赤)
  • 第9回 2011年(平成23年)金賞受賞[12]
    • 「Le Vin Naturel de Domaine Sogga Cabernet Sauvignon 2e」(欧州系品種 赤)
  • 第9回 2011年(平成23年)金賞受賞[13]
    • 「Le Vin Naturel de Domaine Sogga Vignes Francaises」(欧州系品種 赤)
  • 第11回 2013年(平成25年)金賞受賞[14]
    • 「Sogga Chardonnay 1er」(欧州系品種 白)
  • 第14回 2016年(平成28年)金賞受賞[15]
    • 「Domaine Aquiou - Quatrecinq - Sogga père et fils」(欧州系品種 赤)

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界が認めた日本のワイン』「小布施ワイナリー」東京 リイド社、2006年4月、国立国会図書館蔵書、2019年5月3日閲覧
  • 『世界の名酒事典』「小布施ワイナリー」2010-11年版、東京 講談社、2009年11月、国立国会図書館蔵書、2019年5月3日閲覧

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山梨大学大学院 総合研究部附属 ワイン科学研究センター(The Institute of Enology and Viticulture)
  2. ^ (株)欧州ぶどう栽培研究所 カーブドッチ ワイナリー(CAVE D'OCCI)
  3. ^ a b c d e 「OBUSE WINERY 布施ワイナリー」 - かのや酒遊館
  4. ^ a b 「酒のあばたや」 - 小布施ワイナリー
  5. ^ a b 日本ワイナリーアワード審議会
  6. ^ 『第1回日本ワイナリーアワード2018発表 10ワイナリーが最高評価の五つ星に』日本食料新聞、2018年4月18日、11690号、05面、2019年4月30日閲覧
  7. ^ 『「日本ワイナリーアワード」開催 五つ星15社を表彰』日本食料新聞、2019年6月28日、11900号、03面、2019年8月19日閲覧
  8. ^ カテゴリー【 欧州系品種 白 】 審査結果 2003”. 日本ワインコンクール. 2019年5月5日閲覧。
  9. ^ カテゴリー 【 欧州系品種 赤 】 審査結果 2008”. 日本ワインコンクール. 2019年5月5日閲覧。
  10. ^ カテゴリー 【 欧州系品種 赤 】 審査結果 2008”. 日本ワインコンクール. 2019年5月5日閲覧。
  11. ^ カテゴリー 【 欧州系品種 赤 】 審査結果 2009”. 日本ワインコンクール. 2019年5月5日閲覧。
  12. ^ カテゴリー 【 欧州系品種 赤 】 審査結果 2011”. 日本ワインコンクール. 2019年5月5日閲覧。
  13. ^ カテゴリー 【 欧州系品種 赤 】 審査結果 2011”. 日本ワインコンクール. 2019年5月5日閲覧。
  14. ^ カテゴリー 【 欧州系品種 白 】 審査結果 2013”. 日本ワインコンクール. 2019年5月5日閲覧。
  15. ^ カテゴリー 【 欧州系品種 赤 】 審査結果 2016”. 日本ワインコンクール. 2019年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

OOjs UI icon map-ltr-progressive.svg 地図を見る

座標: 北緯36度42分33.81秒 東経138度18分55.78秒 / 北緯36.7093917度 東経138.3154944度 / 36.7093917; 138.3154944