小形正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小形 正男(おがた まさお、1960年 - )は、日本の物理学者、東京大学教授。

来歴[編集]

東京生まれ。私立武蔵高校卒、東京大学理学部卒、1987年同大学院博士課程修了、「非線形系におけるソリトンのダイナミクス」で理学博士。東大物性研究所助手、助教授、同理学系研究科教授。1991年スイス・Seymour Cray賞、1999年西宮湯川記念賞、2005年日本IBM科学賞受賞。

著書[編集]

  • 『キーポイント多変数の微分積分』岩波書店 (理工系数学のキーポイント) 1960
  • 『振動・波動』裳華房テキストシリーズ 1999
  • 『量子力学』裳華房テキストシリーズ 2007

共著[編集]

  • 物理数学 1 福山秀敏 朝倉書店 2003.3 (基礎物理学シリーズ)
  • 物理の世界 生井澤寛,波田野彰 改訂版 放送大学 2007.4
  • 量子物理 生井澤寛 放送大学 2009.3