小敷谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 埼玉県 > 上尾市 > 小敷谷
小敷谷
小敷谷の位置(埼玉県内)
小敷谷
小敷谷
小敷谷の位置
北緯35度57分47秒 東経139度33分41.24秒 / 北緯35.96306度 東経139.5614556度 / 35.96306; 139.5614556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Ageo, Saitama.svg 上尾市
人口
2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 • 合計 15,716人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
362-0064[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

小敷谷(こしきや)は、埼玉県上尾市大字郵便番号は362-0064[2]

地理[編集]

上尾市南部の概ね大宮台地上に位置する。東側を今泉壱丁目、南側を地頭方平方、西側を畔吉、北側を中分小泉と接する。地区の東部は市街化区域上尾駅からは遠いが、高度経済成長期の住宅難を契機に整備された団地などが多く所在する。2016年には上尾道路が開通し、さいたま市首都圏中央連絡自動車道(圏央道)方面への交通量が増加した。また、道路によって地区が南部と北部に分断されている。西部は市街化調整区域[4]で農地が多くある。

地価[編集]

住宅地の地価は2018年平成30年)1月1日公示地価によれば字大久保880-64の地点で11万8000円/m2となっている[5]

歴史[編集]

もとは江戸期より存在した足立郡石戸領に属する小敷谷村であった[6]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]。なお、西上尾第一団地は小敷谷のほか一部今泉や壱丁目に跨るが、団地の所在地が小敷谷となっており、統計上全て小敷谷(大石地区)の人口として計算される。西上尾第二団地も小敷谷と平方に跨るが、同様に統計上小敷谷の人口として計算される[12]

大字 世帯数 人口
小敷谷 8,161世帯 15,716人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[13]

番地 小学校 中学校 選択可能学校(要 通学希望届)
1〜77番地、77番地1(西上尾第二団地 1街区22〜36号棟、2街区全域)
77番地84〜189、693〜712番地、715〜719番地、790〜821番地
上尾市立平方東小学校 上尾市立太平中学校
77番地40〜77番地83(フラワーフィル西上尾) 上尾市立平方北小学校
77-1(西上尾第二団地 1街区1〜21号棟、3街区全域) 上尾市立平方北小学校
190〜303番地、337〜525番地、535〜539番地、542番地、555〜692番地
713〜714番地、720〜789番地、854番地〜858番地1、858番地4〜5・13
861〜862番地、966〜967番地
上尾市立大石南中学校
304〜336番地、526〜534番地、540〜541番地、543〜554番地
845-1(西上尾第一団地 3街区全域)、858番地2〜3、858番地10
858番地14〜58、875〜961番地、970〜1224番地
上尾市立大石南小学校
822〜838番地、845番地1(西上尾第一団地 1街区全域、2街区全域) 上尾市立今泉小学校 上尾市立大谷中学校

交通[編集]

鉄道は敷設されていない。上尾駅からは字大久保までおよそ2.7キロ離れている[5]。 上尾駅西口から、バス停1番でアリオ経由第一団地センター行き。 バス停2番で、第一団地センター行きか上尾車庫行き(第一団地入り口か大久保で下車)。 バス停3番で、西上尾第二団地行き。

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁大字別人口表”. 上尾市 (2017年10月6日). 2017年10月6日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月6日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 都市計画図がご覧になれます。 - 上尾市(2014年9月5日).2019年6月10日閲覧。
  5. ^ a b 国土交通省地価公示・都道府県地価調査.2019年2月9日閲覧。
  6. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』366頁。
  7. ^ 『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』117-123頁。
  8. ^ 学校の沿革 - 上尾市教育委員会(2013年4月10日). 2019年6月10日閲覧。
  9. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1421頁。
  10. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』926頁。
  11. ^ 『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』541-542頁。
  12. ^ a b 『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』443-449頁。
  13. ^ 市内小・中学校通学区一覧”. 上尾市 (2017年6月1日). 2017年10月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 上尾市教育委員会・編『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』上尾市、1997年3月31日。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104。