小早川氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
小早川氏
家紋
左三つ巴[1]
本姓 桓武平氏良文流土肥氏庶流
家祖 小早川遠平[2]
種別 皇別武家
武家清華家
華族男爵[3]
出身地 相模国足下郡小早川邑[2]
主な根拠地 安芸国豊田郡沼田荘[4]
安芸国賀茂郡竹原荘[4]
著名な人物 小早川景平
小早川隆景
小早川秀秋
小早川秀包
支流、分家 船木氏(皇別武家
赤川氏(皇別武家)
椋梨氏(皇別武家)
梨羽氏(皇別武家)
徳光氏(皇別武家)
乃美氏(皇別武家)
浦氏(皇別武家)
生口氏(皇別武家)
小泉氏(皇別武家)
草井氏 (皇別武家)(竹原)
小梨氏 (皇別武家)(竹原)
包久氏(皇別武家)(竹原)など
凡例 / Category:日本の氏族

小早川(小早河)氏(こばやかわうじ、こばやかわし)は、日本氏族の一つ。日本の大きな動乱期に小早川氏を名乗った一族は、中世から近世にかけての他家からの養子。

発祥[編集]

出自[編集]

相模国を本拠地とする桓武平氏土肥氏の分枝で、鎌倉時代初期、源頼朝に仕えた土肥実平の子・遠平が土肥郷の北部・小早川(現在の神奈川県小田原市早川付近)によって小早川の名字を称したのが始まりの一つ(奈良時代末期に平氏から発祥した小早川もある。ここでの説明は、その後発家である。)と伝わる[2]

遠平は平家討伐の恩賞として平家家人沼田氏の旧領であった安芸国沼田荘(ぬたのしょう、現在の広島県三原市本郷町付近)の地頭職を拝領し、これを譲られた養子・景平清和源氏平賀氏平賀義信の子)が、安芸国に移住した。

建永元年(1206年)、景平は長男の茂平に沼田本荘を与え、次男の季平には沼田新庄を与えた[4]。茂平は承久の乱で戦功を挙げ、安芸国の都宇荘つうのしょう・竹原荘(たけはらのしょう)[注釈 1]の地頭職を加えられた。

沼田小早川氏[編集]

小早川氏嫡流の一族で、本家筋にあたる。茂平の三男・雅平が沼田本荘などを与えられ、高山城を本拠としたのが始まりである。

元弘の乱では朝平鎌倉方として六波羅探題に味方し付き従ったため、建武政権によって沼田本荘を没収されるが、竹原小早川家の取り成しなどにより、旧領を安堵(あんど)されている。その後、宣平、貞平春平の3代の間に芸予諸島に進出し、小早川水軍の基礎を築いた。その後煕平敬平で一時代を築くが、扶平 - 正平まではいずれも20代で早世し衰退した。

竹原小早川氏[編集]

茂平の四男・政景が、都宇・竹原荘、沼田荘梨子羽郷の一部を分与され、木村城を本拠としたのが始まりである。沼田小早川氏の分家筋にあたるが、元弘の乱以降は足利尊氏の下で戦い、室町幕府成立に貢献したこともあって徐々に勢力を拡大し、室町時代中期には本家・沼田小早川家と拮抗(きっこう)するまでに至った。

戦国から江戸時代[編集]

勢力の衰退と沼田・竹原両小早川の統合[編集]

戦国時代に入ると大内家傘下の国人領主となる。この頃、竹原・沼田両家で当主の早世が相次いだ。天文12年(1543年)には竹原家の興景が子を残さずに没したため、天文13年(1544年)に毛利家出身の興景夫人の従弟である隆景毛利元就の三男)が養子に迎えられた[3]

一方の沼田家でも、大内氏尼子氏の影響下で活動していたが、天文8年(1539年)には、尼子方に内通しようと画策し、逆に大内氏によって居城の高山城を占拠され、城番を置かれるという事態に陥った。当主の正平も軟禁状態に置かれるが、後に赦された。

天文11年(1542年)から始まる大内義隆による出雲遠征では、正平が従軍するも大敗を喫し、天文12年(1543年)に退却中に21歳で討死。幼い嫡子繁平が後を継いだものの、繁平は幼くして失明(異説あり)する。大内家と毛利家の圧力、また強力な後ろ盾を望む重臣の要望により、後見役の重臣田坂全慶らは殺害されて繁平は出家させられた。

その後、竹原家の隆景が繁平の妹(問田大方)と結婚して沼田家を継ぎ、両小早川家は再統一されたが、それと同時に景平の系統は途絶えることになった。これ以降は毛利一門に組み込まれ、毛利家から多くの家臣が小早川家に送り込まれている。

名将・小早川隆景[編集]

隆景は兄の吉川元春とともに毛利家を支えて「両川」と呼ばれ(毛利両川体制)、主に山陽地方の経略を担当した。本能寺の変後、賤ヶ岳の戦い羽柴秀吉織田信長の後継者としての地位を確立すると、隆景は進んで毛利家を秀吉の天下統一事業に参加させ、天正13年(1585年)には四国征伐の功賞として伊予一国を与えられて独立した大名となった。天正15年(1587年)には九州征伐により筑前国名島35万石に転じ、豊臣政権下では五大老にまでなるが、文禄4年(1595年)に隠居した[3]

豊臣政権下の小早川氏[編集]

隆景には実子がなかったため、弟の秀包を養子としていたが、後に廃嫡して別家を立てさせた。これに伴い家督は、代わって秀吉の正室高台院の甥・羽柴秀俊が隆景の養子として継いだ(小早川秀秋[3]。この時点をもって、小早川氏は大江氏流毛利氏から豊臣氏羽柴氏に移ったといえる。

慶長2年(1597年)の隆景の死後、毛利家から小早川家に送り込まれていた家臣、および小早川家一門衆・譜代家臣の大半は毛利家に引き揚げており、これ以降の小早川本家は毛利氏一門から、豊臣氏一門の有力大名へと変化した。秀秋は隆景の跡を受け大老にこそ就かなかったが、官位は権中納言にまで進み、隆景の隠居領を併合した石高では鍋島を抜き、豊臣政権下では第十位の大大名となった[5][6]

徳川政権下の小早川氏[編集]

秀秋は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでの功績により、徳川家康より備前岡山51万石に加増移封された。名は秀詮(ひであき)と改名した[注釈 2]

だが慶長7年(1602年)に21歳で嗣子無く没し、養子の系譜(豊臣氏一門)の小早川家は名実ともに断絶した。重臣だった平岡頼勝稲葉正成(通政)は大名になった。 一方、小早川の別家(大江姓)を立てた秀包も、西軍加担により久留米7万石を召し上げられ改易、後に毛利氏に戻り長州藩の家老吉敷毛利家として明治維新を迎えた。

近代以降[編集]

明治12年に、小早川秀秋で断絶した系譜の後継として、旧姻戚家の公爵毛利元徳の三男・三郎を当主とした小早川家が再興された[3]。三郎は早世し子がいなかったため、その弟の四郎が養子となって跡を継ぎ、華族に列して男爵爵位を授けられた[3]。その後、四郎の養子として毛利元昭の次男・元治が跡を継ぐ。元マツダモータースポーツ部門技術者・マツダRX-7開発主査でモータージャーナリストの小早川隆治はその息子である[7]

系図[編集]

太字は沼田家(宗家)当主。実線は実子、点線は養子。※は同一人物。
土肥実平
 
 
実平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
維平小早川景平[8]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
茂平[飯泉氏]
飯泉景光
[小松氏]
小松時景
季平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[船木氏]
船木経平
[沼田家]
雅平
赤川氏
赤川忠茂
[竹原家]
政景
 
 
 
 
 
 
草井氏
草井季泰
椋梨氏
椋梨国平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝平景宗
 
 
 
千代鶴
 
 
 
 
 
 
 
宣平祐景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞平小泉氏
小泉氏平
[小坂氏]
小坂将平
浦氏
浦氏実
生口氏
生口惟平
重景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春平[土倉氏]
土倉夏平
[東氏]
東房平
[篠原氏]
篠原尚平
真良氏
真良貞康
[徳光氏]
徳光時平
[江良氏]
江良承順
重宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
則平梨羽氏
梨子羽時春
徳光時則江良承順実義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
持平煕平義春
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敬平生口元清是景仲義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
扶平梨子羽宣平家氏安芸守弘景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
興平(福鶴丸)
船木常平※
浦賢勝弘平盛景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正平平賀隆保乃美宗勝
(浦宗勝)
[乃美氏]
乃美隆興
中務少輔弘景毛利弘元
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
繁平
 
 
弘平興元元就
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
福鶴丸※
(船木常平)
興景
 
 
 
輝元小早川隆景小早川秀包
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問田大方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆景[9]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桂姫[10]
 
 
 
[久留米小早川家]
秀包
(毛利秀包)
[岡山藩主家]
秀秋[11]
[無嗣断絶]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
古満姫[12]就隆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉敷毛利家
毛利元鎮
毛利元貞小早川能久
[無嗣断絶]
(名跡再興)元次
 
 
 
 
 
三郎広豊
 
 
 
 
 
[男爵家]
四郎
就馴
 
 
 
 
 
元治広鎮
 
 
 
 
 
隆治元徳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆浩元昭小早川三郎※小早川四郎
 
 
 
小早川元治

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ どちらも現在の広島県竹原市周辺。
  2. ^ 「秀詮」が終の名だが、改名の翌年に本人が死去してその使用期間がきわめて短かったため、一般にはより認知された「秀秋」と書き表すことがほとんどである。
  1. ^ 沼田 1926, p. 152.
  2. ^ a b c 太田 1934, p. 2355.
  3. ^ a b c d e f 太田 1934, p. 2357.
  4. ^ a b c 太田 1934, p. 2356.
  5. ^ 徳川(255万石)・上杉(120万石)・毛利(112万石)・前田(80万石余)・島津(61万石)・伊達(58万石)・宇喜多(57万石)・佐竹(54万石、岩城・芦名ら一族を含めると80万石)・堀(45万石、与力の村上・溝口、直政系(奥田)一門も含め60万石)に次ぐ。
  6. ^ 慶長の役で越前北ノ庄15万石への減封命令もあったが、家康により回避されたとの説もあり
  7. ^ 断絶した小早川を毛利が再興、末裔はル・マンで優勝 - 週刊朝日 2014年10月31日号掲載
  8. ^ 平賀義信の5男。
  9. ^ 竹原家を相続後、沼田家を継承した。
  10. ^ 大友宗麟の娘。
  11. ^ 木下家定の5男。
  12. ^ 宍戸元秀の2女。

参考文献[編集]

  • 太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「小早川 コバヤカハ」 『姓氏家系大辞典』 第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2355-2357頁。全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/271 国立国会図書館デジタルコレクション  閲覧は自由
  • 沼田頼輔 国立国会図書館デジタルコレクション 『日本紋章学』 明治書院、1926年3月。全国書誌番号:43045608https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879378/110 国立国会図書館デジタルコレクション  閲覧は自由

関連項目[編集]