小書きン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「𛅧」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Unicode 12.0)が含まれています詳細
平仮名
文字
片仮名
文字
𛅧
字源 ンの小書き
Unicode U+1B167
言語
言語 ja
ローマ字
発音
種別

小書きの「ン」は小書き片仮名の「ン」であり、日本語で使用される仮名のひとつである。「ん」と発音する。

主に東北地方の方言で「ン」の発音に使用されることが多い。外国語の日本語の表記に用いられたこともあった[1]

小書きンに関わる諸事項[編集]

  • 2019年3月Unicode 12.0に登録された。
  • 平仮名小書き「ん」も同時に申請したが、Unicode 12.0では片仮名のみ登録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『国民之友』第17号 http://unicode.org/wg2/docs/n4826-JNB-SmallKanaCharacters.pdf

関連項目[編集]