小月インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小月インターチェンジ
料金所(2013年撮影)
料金所(2013年撮影)
所属路線 E2A 中国自動車道
E9 山陰自動車道(予定)
IC番号 36
料金所番号 01-332
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0002.svg 小月
起点からの距離 524.6 km(吹田JCT起点)
下関JCT (5.5 km)
(4.5 km) 王司PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0491.svg国道491号
供用開始日 1973年11月14日
通行台数 5,240台/日(2011年度)
所在地 750-1141
山口県下関市小月幸町15-1
テンプレートを表示

小月インターチェンジ(おづきインターチェンジ)は、山口県下関市中国自動車道インターチェンジ

概要[編集]

下関市東部の小月地区・旧菊川町への入口となるインターチェンジであり、また旧豊浦町域・旧豊田町域の最寄りインターチェンジでもある。1973年11月14日関門橋開通と同時に供用を開始したインターチェンジであり、下関市街地の渋滞を避けるための短区間の利用も多く、かつては小月ICと下関ICの間に回数券の設定があった。

開通時期の違いと建設の経緯(小月ICより東は半年後の1974年7月31日開通)もあって、日本道路公団時代は本ICが九州支社と中国支社の境界となっていた。NEXCO西日本に移行後も九州支社中国支社の事業境界となっていた(小月ICは九州支社の管轄)が、2014年に小月IC - 下関IC間が中国支社に移管された。

中国自動車道側はトランペット型の構造、一般道側は旧道(元県道下関長門線)と平面交差しており、国道491号とは国道2号方面のみ接続している。

バス停は併設しておらず、IC東側の本線上にバス停留所(小月バスストップ)が設けられている。

国土交通省の資料では、小月ICに山陰自動車道を接続する予定を立てており、法律上の終点である美祢市付近には接続しない見通しである。[1]

案内板[編集]

  • 36 小月

道路[編集]

接続する道路[編集]

  • 国道491号
    • 本線での案内には国道2号に接続する表記がされているが、実際には国道2号(小月バイパス)とは直線でも2km以上離れている。国道491号の旧国道2号区間まではランプ合流部から約1km。

料金所[編集]

  • ブース数:8 

入口[編集]

  • ブース数:3 
    • ETC専用:1 
    • 一般:2

出口[編集]

  • ブース数:5 
    • ETC専用:1 
    • 一般:4 

周辺[編集]

[編集]

E2A 中国自動車道
(35-1)美祢西IC - (35-2)下関JCT - (36)小月IC - (PA)王司PA - (37)下関IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成27年度第6回社会資本整備審議会道路分科会中国地方小委員会資料(国土交通省 中国地方整備局 平成28年3月8日、2017年3月21日閲覧)

関連項目[編集]