北鉄加賀バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
北鉄加賀バス株式会社
小松バス本社
北鉄加賀バス本社・小松営業所(撮影当時は小松バス本社)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
923-0992
石川県小松市鶴ヶ島町8番地1[1]
設立 1993年平成5年)12月9日[2]
加賀温泉バス株式会社)
業種 陸運業
法人番号 9220001013144 ウィキデータを編集
事業内容 乗合バス・貸切バスの運行
代表者 代表取締役社長 新谷良二[1]
資本金 4000万円(2021年7月1日時点)[1]
純利益 417万3000円(2020年03月31日時点)[3]
総資産 8億6689万2000円(2020年03月31日時点)[3]
従業員数 70人(2021年7月1日時点)[1]
特記事項:2021年令和3年)7月1日に加賀温泉バスが小松バスを合併し社名変更[1][4][5][6]
テンプレートを表示

北鉄加賀バス株式会社(ほくてつかがバス)は、石川県小松市に本社を置くバス事業者。北陸鉄道バスグループの1社である。路線バス観光バスを運営している。小松バスと加賀温泉バスが2021年7月1日に合併して発足した。

概要[編集]

小松バスの旧社名は尾小屋鉄道で、1977年まで鉄道事業を行っていた。廃止後の1977年6月に社名を小松バス株式会社(こまつバス)に変更[7]。以前は小松駅に隣接した場所に本社があったが、1996年頃の北陸鉄道からの大量路線移管による業務拡大に伴い、小松インターチェンジ小松空港に近い現在地に移転している。

その他、第二種旅行業登録を受け、バスツアー「エクセルツアー」を企画・催行しているほか旅行代理店事業も行っていた。かつてはレンタカー事業(ニッポンレンタカーフランチャイジー)を行っていたが事業から撤退した。

加賀温泉バスは、1993年平成5年)12月9日に会社設立 [2] され、1994年(平成6年)3月31日 に親会社の北陸鉄道よりより加賀江沼地区の7路線、車両11台を譲り受けて事業開始したもの。路線バスを譲り受け、加賀市内において営業。2021年令和3年)7月1日、小松バスとの合併に伴い、社名を北鉄加賀バスに変更。旧加賀温泉バスの本社所在地は北鉄加賀バスの加賀営業所となっている。

2021年令和3年)7月1日に、小松バスと加賀温泉バスが合併し社名を北鉄加賀バスに変更し[1][6]、本社を旧小松バス本社所在地に置いた[1]。また、同社を含む北陸鉄道グループの貸切営業・旅行事業は北鉄金沢バスへ移管・集約された[4][5]。なお、加賀温泉バスが存続法人であるが[4][5]、本社所在地・新会社社長は小松バスを継承している。

沿革[編集]

小松バス(前身の尾小屋鉄道については、会社組織とバス事業についてのみ記載する)

加賀温泉バス

  • 1993年平成5年)12月9日 - 会社設立 [2]
  • 1994年(平成6年)3月31日 - 北陸鉄道より加賀江沼地区の7路線、車両11台を譲り受けて事業開始[13]
  • 1997年(平成9年)4月 - 本社を加賀温泉駅前(加賀市小菅波町)[14] に移転。
    • 加賀市からの路線維持のための補助金(当時の年額、1163万円)が2007年度限りで打ち切られた[15][要出典]
  • 2017年(平成29年)5月 - 加賀温泉駅の北陸新幹線建設工事に伴い、本社を現在の加賀市加茂町へ移転。

北鉄加賀バス

事業所[編集]

現在の事業所[編集]

本社・小松営業所[16]
  • 石川県小松市鶴ヶ島町8番地1
加賀営業所[16]
  • 石川県加賀市加茂町335番地(旧加賀温泉バス本社所在地)
山中温泉バスターミナル
  • 石川県加賀市山中温泉本町1丁目ト31-1

過去の事業所[編集]

本社
  • 石川県小松市鶴ヶ島町8番地1
小松駅前営業所・旅行センター
  • 石川県小松市日の出町1丁目145番地(乗車券・定期券販売、旅行業務)

現在の運行路線[編集]

2021年6月30日までに発売された旧:小松バス発行の回数券・定期券等については、合併後以降は北鉄加賀バスでのみ利用可能(一部券種は小松エリアでのみ利用可能)となる[17]。また、合併日となる2021年7月1日以降、「北鉄シルバー定期券」は小松営業所路線(旧:小松バスの路線)でも利用可能になった[18]

なお、北鉄加賀バスでは合併後以降もICa(小松駅発着では北鉄白山バス運行の佐野線のみ対応)は利用できない。

小松営業所担当路線[編集]

現在の運行路線の詳細は、北陸鉄道公式サイトの北鉄加賀バス路線図 小松エリア (PDF) を参照。

空港連絡線[編集]

空港線で使用される「宇宙バスこまち☆」
小松駅西口にある旧小松バスの乗り場

2013年3月30日に電気バスを導入。中部地方のバス事業者で初めて導入された。愛称は「宇宙バスこまち☆」[19] で、サイエンスヒルズこまつあるいは小松駅と小松空港を結んでいる。車両は日野・ポンチョをベースとした電気バス[11]東京都羽村市、東京都墨田区で運行されているものと同形式となっている[20][21]

  • 宇宙バスこまち☆(全バス停記載):サイエンスヒルズこまつ(休館日は発着なし) - 小松駅 - (この間は停車なし) - 小松空港 - 航空プラザ - 草野町 - 安宅住吉神社
  • 一般路線:ホテルビナリオKOMATSUセントレ前(小松空港発の一部のみ乗り入れ) - 小松駅 - 城南町 - 小松空港

一般路線[編集]

小松バス時代の塗装、一般路線で使用される。

太字は、バス停以外で乗降できるフリー区間の起終点を表す。

  • 粟津A線:小松駅 - 小松市民病院 - 粟津駅前 - 粟津小学校前 - 粟津温泉 - 那谷寺
  • 国府線:小松駅 - 南加賀福祉保健センター前 - 河田 - 国府台
  • 小杉線:小松駅 - 南加賀福祉保健センター前 - 小杉 - 大長野 - 寺井庁舎前 - 寺井史跡公園
  • 寺井線:小松駅 - 長田 - 寺井史跡公園
  • 大杉線:小松駅 - 小松工業高校前 - 北吉竹 - 瀬領 - 赤瀬温泉 - 大杉上町
  • 尾小屋線:小松駅 - 市立高校前/八幡温泉 - やわたメディカルセンター - 金平 - 尾小屋(尾小屋鉄道代替バス[22]
  • ハニベ線:小松駅 - 市立高校前 - 佐々木 - 西軽海 - 軽海 - ハニベ前北陸鉄道小松線代替バス)[23]
  • 麦口線:小松駅 - 糸町 - 軽海 - 原 - 別宮
  • 安宅線:小松駅 - 浮柳 - 安宅 - 安宅漁港/長崎
  • 月津線:小松駅 - 今江 - - 月津 - 矢田
  • 佐美線:小松駅 - 今江 - - 佐美

加賀営業所担当路線[編集]

現在の運行路線の詳細は、北陸鉄道公式サイトの北鉄加賀バス路線図 加賀エリア (PDF) を参照。

一般路線[編集]

温泉山中線
加賀温泉駅 - 山代温泉東口 - 山中温泉 - こおろぎ橋 - (ゆーゆー館前) - 栢野
加賀温泉駅 - 山代温泉東口 - 山中温泉
  • 加賀温泉駅と山中温泉とを結ぶ。一部便は栢野まで運行。途中のゆーゆー館前へは 栢野へ向かう一部の便が経由する。
吉崎線
加賀温泉駅 - イオン加賀の里店前 - 河崎上神社前 - 大聖寺駅前 - かが交流プラザさくら - 吉崎 - 塩屋
加賀温泉駅 - イオン加賀の里店前 - 保賀西 - 大聖寺駅前 - かが交流プラザさくら - 吉崎 - 塩屋
  • 吉崎線は従来、山中温泉 - 大聖寺駅 - 塩屋の系統だったが通しで運行するバスは存在せず、大聖寺駅前(一部の便は加賀市民病院[24]、大聖寺実業高校前)から山中温泉、山代温泉東口、塩屋へ向かう便があった。
  • 2015年3月のダイヤ改正で系統分割を行い、塩屋へ向かう便を大聖寺から加賀温泉駅まで延長。
  • 2018年4月のダイヤ改正で「保賀西」バス停を新設し、河崎上神社前経由と保賀西経由の2系統に分割した。[25]
  • 旧吉崎線の運転系統
    • 山中温泉 - 大聖寺駅前
    • 大聖寺駅前・加賀市民病院・大聖寺実業高校前 - 山中温泉・山代温泉東口・塩屋
山代大聖寺線
山中温泉 - 山代温泉東口 - 大聖寺駅前 - 大聖寺実業高校前 / かが交流プラザさくら
  • 2015年3月のダイヤ改正により、従来の吉崎線のうち、山中温泉発着の系統を分割。
温泉片山津線
加賀温泉駅 → 冨塚 → 片山津温泉石川病院 → 潮津 → 湖城団地 → 冨塚 → 加賀温泉駅【循環系統】
  • 2010年11月14日より加賀市による実証運行を受託し運行している。いつまで運行されるかは明記されていない[26]
  • 2015年3月のダイヤ改正で、石川病院まで路線延長。
  • 2018年4月のダイヤ改正で「湯の谷橋」バス停を新設。[25]
温泉大聖寺線
加賀温泉駅 - 中央公園口 - 大聖寺駅前 - かが交流プラザさくら
  • 2015年3月のダイヤ改正で新設。
  • 2019年4月のダイヤ改正で1日14便(7往復)から1日10便(5往復)に減便。[27][28]

特急・急行[編集]

加賀ゆのさと特急(温泉特急線)[29]
兼六園下金沢城 - 広坂21世紀美術館 - 香林坊 - 武蔵ヶ辻近江町市場 - 金沢駅西口 - 片山津5区 - 片山津温泉 - 山代温泉東口 - 山代温泉 - 山代温泉西口 - 山中温泉 - 菊の湯前
  • 先着順の座席定員制。「特急」の名前がついているものの、鉄道などにみられる特別急行券の概念がなく、特別急行料金は発生しない。ただし、運賃のほかに座席料として30円が別途必要。金沢市内区間内での乗降利用はできないが、加賀市内区間内での乗降利用は可能である。金沢市内まで乗り入れているものの、ICaは利用することはできない。
  • 2016年4月のダイヤ改正で海側ルート(現行)と山側ルート(金沢駅東口 - 武蔵ヶ辻・近江町市場 - 兼六園下・金沢城 - 香林坊 - 片町 - 辰口温泉口 - 八幡温泉口 - 粟津温泉 - 那谷寺 - 山代温泉東口 - 山中温泉 - 菊の湯前)1往復ずつの運行から、海側ルート2往復に変更された。

過去の運行路線[編集]

市内循環線[編集]

市内循環線で使用される「オレンジこまち」

2010年10月1日からは、新しく青色オレンジ色の2色のボディーカラーを採用した日野・ポンチョ2台をコミュニティバス「こまち」として運用している[30]。バスにはボディーカラーからそれぞれ「ブルーこまち」と「オレンジこまち」という愛称が付けられている。2020年4月1日から日本海観光バスに移管した。

一般路線[編集]

  • 木場潟線(スマイルこまち木場潟号):小松駅 - 本江西 - 蓮台寺町 - 道の駅こまつ木場潟 - やわたメディカルセンター - 千松閣 - 三谷町 - 津波倉 - 粟津駅前(2020年4月1日から日本海観光バスに移管)
  • 粟津B線:小松駅 - 大領 - 粟津駅前 - 南部中学校前 - 粟津温泉
  • 新道寺井線:小松駅 - 平面 - 小長野 - 寺井庁舎前
  • 粟津温泉観光周遊BUS:北陸鉄道の城下まち金沢周遊で使用されたボンネットバス三菱ふそう・ローザの改造車)を、2017年7月21日から粟津温泉の周遊バスで使用していたが、2019年3月の運行で終了した[31]

車両[編集]

小松バスから継承した車両は、一般路線車、貸切車ともに三菱ふそうおよび日野自動車[注釈 1] の2社体制になっている[11]。自社発注車両も多いが、移籍車[注釈 2] もある。カラーリングは白色をベースに赤色のラインの入った名鉄カラーに近いデザインだったが[11]、2001年から銀色をベースに赤色のラインを用いたデザインを採用していた[11]。また、新しいデザインからはアルファベットの「K」を形取ったロゴマークを車両に使用。

加賀温泉バスから継承した車両で、保有メーカーは三菱ふそうトラック・バス日野自動車旧日産ディーゼルの3社[29]で、車両数は18台(乗合13台・貸切5台)と北陸鉄道のグループでは最小となっている[32]

なお、今後の車両デザインは未定となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 日野・レインボーII(いすゞ・エルガミオ)も含む。
  2. ^ 北陸鉄道・名鉄バス・岐阜乗合自動車など。
  1. ^ a b c d e f g “北鉄グループ バス事業再編に伴う新会社の概要について” (PDF) (プレスリリース), 北陸鉄道, (2021年6月17日), http://www.hokutetsu.co.jp/media/news/20210617_2.pdf 2021年6月18日閲覧。 
  2. ^ a b c 加賀温泉バス株式会社の求人・中途採用情報-リクナビNEXT”. 株式会社リクルート. 2021年6月21日閲覧。
  3. ^ a b 小松バス株式会社 第137期決算公告
  4. ^ a b c d e 「加賀地区のバス会社再編 7月、4社を2社に」『北國新聞』朝刊、2021年2月27日、5面。
  5. ^ a b c d e “北陸鉄道、貸し切りバス事業子会社を再編”. 日本経済新聞. (2021年3月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJB2698S0W1A220C2000000/ 2021年4月11日閲覧。 
  6. ^ a b “北陸鉄道、バス事業を再編 旅行・貸し切りバスは集約”. 日本経済新聞. (2021年6月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC179HZ0X10C21A6000000/ 2021年6月18日閲覧。 
  7. ^ a b c 寺田 2009, p. 53.
  8. ^ 寺田 2009, p. 6.
  9. ^ 寺田 2009, p. 12.
  10. ^ 石川県 1984, p. 606.
  11. ^ a b c d e バスマガジン 2015, p. 30.
  12. ^ EVバス”. 小松市 (2018年12月4日). 2019年2月24日閲覧。
  13. ^ 「加賀温泉バス発車 加賀市山中町」『北國新聞』朝刊、1994年4月1日、25面。
  14. ^ グループ会社一覧”. 北陸鉄道 (2017年3月). 2017年4月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年4月29日閲覧。
  15. ^ 加賀温泉バス補助金で維持 加賀市、事業廃止打診受け復活”. 読売新聞 (2010年2月20日). 2010年2月21日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ a b 忘れ物お問い合わせ先検索 - 北陸鉄道
  17. ^ 旧小松バス 各種乗車券の取り扱いについて(2021.7.1~)(2021年7月30日閲覧)
  18. ^ シルバー定期券(北陸鉄道公式サイトより)(2021年7月30日閲覧)
  19. ^ さらなるバスの進化へ!『第45回東京モーターショー2017』”. 日本バス協会. 2019年5月10日閲覧。
  20. ^ “【人とくるまのテクノロジー13】日野がフルEVのコミュニティバスを出品”. Response.. (2013年5月24日). https://response.jp/article/2013/05/24/198604.html 2019年5月10日閲覧。 
  21. ^ “日野自動車、第45回東京モーターショー2017に新型日野プロフィア、日野ポンチョEVなど5台を出展” (プレスリリース), 日野自動車, (2017年10月10日), https://www.hino.co.jp/corp/news/2017/20171010_03.html 2019年5月10日閲覧。 
  22. ^ バスマガジン 2015, p. 34.
  23. ^ 『石川県史現代篇(6)』石川県、1995年3月、510頁。
  24. ^ 加賀市医療センター開院に伴い2016年4月加賀看護学校前に改称
  25. ^ a b 北陸鉄道グループ ダイヤ改正を実施します(4/1)”. 北陸鉄道. 2019年2月12日閲覧。
  26. ^ 加賀市HP お知らせ 路線バス「温泉片山津線」の実証運行が決まりました!”. 加賀市ホームページ (2010年11月8日). 2011年12月20日閲覧。
  27. ^ 加賀温泉バス時刻表(H31.4/1改正)”. 北陸鉄道. 2019年3月13日閲覧。
  28. ^ 平成30年度第5回「加賀市地域公共交通会議」会議資料”. 加賀市役所企画課企画係. 2019年3月13日閲覧。
  29. ^ a b バスマガジン 2015, p. 33.
  30. ^ コミュニティバス”. 小松市 (2018年12月4日). 2019年5月10日閲覧。
  31. ^ 粟津温泉観光周遊BUS(平成30年度で運行終了しました。)”. 小松市 (2018年12月4日). 2019年5月10日閲覧。
  32. ^ 会員名簿”. 石川県バス協会 (2021年4月1日). 2021年6月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『石川県史現代篇(5)』石川県、1984年3月。
  • 寺田裕一『RM LIBRARY 116 尾小屋鉄道』ネコ・パブリッシング、2009年4月1日。ISBN 978-4-7770-5254-7。
  • バスマガジン vol.71』講談社講談社ビーシー、2015年5月27日。ISBN 978-4-06-366728-8。

関連項目[編集]