小松原町 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 大阪市 > 北区 > 小松原町
小松原町
大阪富国生命ビル
小松原町の位置(大阪市内)
小松原町
小松原町
小松原町の位置
小松原町の位置(大阪府内)
小松原町
小松原町
小松原町の位置
北緯34度42分9.29秒 東経135度30分2.74秒 / 北緯34.7025806度 東経135.5007611度 / 34.7025806; 135.5007611
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
北区
面積
 • 合計 0.026589066km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 -人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
530-0018[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ
※人口がごくわずかな為、秘匿とする。

小松原町(こまつばらちょう)は、大阪府大阪市北区にある町名

地理[編集]

大阪市北区の中央部に位置。北から西は都島通を挟んで角田町、南は扇町通を挟んで曾根崎、東は新御堂筋を挟んで堂山町に接する。

地内の中央を阪急東通商店街が東西に通り、梅田の代表的な繁華街となっている。都島通はJR大阪駅大阪梅田駅方面につながる通りで、ドン・キホーテ梅田本店やラウンドワン梅田店などがあり、交通量も多い。

1973年昭和48年)から1981年(昭和56年)まで大阪で最も地価が高い場所だった。

地名の由来[編集]

綱敷天神社によると、地名の由来は不明であるが、綱敷天神社の由緒にある七本松や大将軍の森などにみられる松林から名付けられたとされる説がある[5]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]。北区内の全ての市立中学校と、大阪市内の小中一貫校が対象で学校選択が可能(抽選を実施)。

番・番地等 小学校 中学校
全域 大阪市立扇町小学校 大阪市立天満中学校

事業所[編集]

2016年(平成28年)現在の経済センサス調査による事業所数と従業員数は以下の通りである[7]

町丁 事業所数 従業員数
小松原町 172事業所 5,433人

施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

国道
主要地方道

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪府大阪市北区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 小松原町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 小松原町”. 綱敷天神社. 2018年1月29日閲覧。
  6. ^ 北区内の通学区域一覧”. 大阪市 (2018年12月6日). 2019年10月4日閲覧。 “(ファイル元ページ)
  7. ^ 平成28年経済センサス-活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 都道府県別結果” (日本語). 総務省統計局 (2018年6月28日). 2019年10月23日閲覧。
  8. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

関連項目[編集]