小松島市葬斎場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小松島市葬斎場
Komatsushima City Burial funeral
情報
旧名称 小松島町葬斎場
用途 火葬場および斎場
建築主 小松島市
事業主体 小松島市
所在地 773-0008
徳島県小松島市田野町字赤石北90番地の2
座標 北緯33度59分29.3秒 東経134度35分38.9秒 / 北緯33.991472度 東経134.594139度 / 33.991472; 134.594139座標: 北緯33度59分29.3秒 東経134度35分38.9秒 / 北緯33.991472度 東経134.594139度 / 33.991472; 134.594139
テンプレートを表示

小松島市葬斎場(こまつしましそうさいじょう)は、徳島県小松島市田野町赤石北90番地の2にある火葬場斎場である。

概要[編集]

基本データ
  • 開場時間:午前9:00 - 17:00(ただし通夜、霊安室は24時間体制)
  • 休場日:1月1日、友引日及び施設点検日
  • 駐車場:有り

沿革[編集]

  • 1948年(昭和23年) - 小松島町葬斎場使用条例(昭和23年小松島町条例第101号)を制定。小松島町葬斎場として開場。
  • 1951年(昭和26年)6月1日 - 市制施行により、小松島市葬斎場と改称。
  • 1988年(昭和63年)10月1日 - 小松島市葬斎場使用条例(昭和23年小松島市条例第101号)の全部を改正する。小松島市葬斎場条例(昭和63年小松島市条例第19号)を制定。即日施行。
  • 2016年(平成28年)5月17日 - 新葬斎場着工[1]
  • 2016年(平成28年)5月23日 - 新葬斎場起工式開催[2]

交通[編集]

施設老朽化問題[編集]

  • 現葬斎場は、築45年。(2016年7月現在)
  • 新葬斎場は、現施設の西隣に建設。鉄筋コンクリート2階建て延べ1281平方メートル。火葬炉3基と待合室を備える。高さ11メートルの屋上は津波避難場所として活用され、屋外階段が設けられる。総事業費は約10億6千万円[2]
  • 2016年3月1日、新葬斎場整備の一般競争入札を行ったが、1共同企業体(JV)しか参加がなかったため、不成立[1]
  • 2016年4月12日、再入札を行い、2共同企業体(JV)が参加して成立[1]
  • 2016年5月17日、小松島市議会臨時会で、請負契約締結(約7億5848万円)を可決した[1]
  • 2016年11月末、工事進捗率約30%[1]
  • 2016年12月15日、小松島市議会12月定例会予算決算委員会で、『新葬斎場は、2017年3月末完成、同年4月開業予定であったが、同年6月末完成、同年7月開業にずれ込むこと』が明らかになった[1]
    • 入札が1度不調になった影響で、着工が1カ月半ほど遅れた。2016年5月17日の着工時点では、当初の計画通り2017年4月の開業を目指していたが、遅れを取り戻せなかった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “小松島市 葬斎場完成 6月末に 入札不調 着工遅れ響く”. 徳島新聞: p. 17(地域面)ワイドとくしま. (2016年12月16日) 
  2. ^ a b “小松島市が新葬斎場起工 災害時は避難所に”. 徳島新聞: p. 14(地域面). (2016年5月26日)