小松崎大地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小松崎 大地
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県君津市
生年月日 (1982-09-03) 1982年9月3日(36歳)
身長
体重
182 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小松崎 大地(こまつざき たいち、1982年9月3日 - )は、千葉県君津市出身の競輪選手。登録地は福島県

プロ野球選手外野手)であり、四国アイランドリーグ徳島インディゴソックスに所属していた。

来歴[編集]

拓大紅陵高千葉商科大学を経て、2005年徳島インディゴソックスに加入。同チーム所属時代には不動の4番打者として、チームを牽引する働きを見せた[1]

2007年外野手登録となり、チームのキャプテンに就任した。

2008年シーズン終了後、日本野球機構に所属するいくつかの球団でテスト受験したものの、獲得に名乗りを挙げるチームが現れなかったため、野球選手としてピリオドを打った。

その後、当人の父親が、プロ野球選手の下柳剛新日鐵君津所属時代に同チームの助監督を務めていたことや、下柳が岡部芳幸(日本競輪学校第66期生)と一緒に自主トレする仲だった縁もあり、岡部に弟子入りして競輪選手を目指すことになった[2]

2009年9月、福島県代表として新潟国体成年男子ケイリンに出場し2位入賞。同種目で優勝した櫻井正孝は、後に日本競輪学校第100期生としてデビューした。同年11月、日本競輪学校第99期生として入学。 在校競走成績は13勝を挙げて第34位。

2011年1月12日日本競輪選手会福島支部所属の競輪選手として、宇都宮競輪場でデビュー。初出走初勝利を挙げた。

2012年1月1日開幕の前々場所の宇都宮1月25日開幕の前場所の西武園に続き、2月3日川崎競輪のFII開催でも3連勝完全優勝を果たし、S級特進を果たした[3]

野球選手時代の詳細情報[編集]

打撃成績[編集]

以下の数値は四国アイランドリーグplusウェブサイト掲載の各シーズン選手成績による[4]









































2005 徳島 .251 88 288 243 25 61 7 2 1 30 53 24 11 6 4 7 .309 .340
2006 .235 87 316 264 25 62 7 2 1 16 43 25 17 10 0 4 .288 .340
2007 .265 90 378 317 30 84 16 1 3 41 40 47 7 2 5 11 .350 .367
2008 .275 80 325 280 33 77 18 1 3 37 50 31 4 5 5 10 .379 .350
通算:4年 .257 345 1307 1104 113 284 48 6 8 124 186 127 39 23 14 32 .333 .350
  • 各年度の太字はリーグ最高。

背番号[編集]

  • 3 (2005年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 【徳島インディゴソックス 小松崎大地】「怖さ」身につけた4番 - 徳島新聞 2008年7月29日付記事
  2. ^ 99期生候補♪ - 走れ!ダイスケ! - 萱島選手 応援サイト - 2009年5月24日付記事
  3. ^ 小松崎 大地選手のS級特別昇級について - KEIRIN.JP 2012年2月3日配信
  4. ^ 記録 - 四国アイランドリーグplus

関連項目[編集]