小松清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1954年

小松 清(こまつ きよし、1900年(明治33年)6月13日 - 1962年(昭和37年)6月5日)は、日本の評論家フランス文学者[1][2]

来歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ。神戸高等商業学校(現神戸大学)中退。

1921年(大正10年)、フランスに渡る。帰国後、マルロージッドなどを紹介した。

1934年(昭和9年)、行動主義文学[3]論争に加わる。

1935年(昭和10年)、文化擁護国際作家会議の報告書『文化の擁護』を編纂。

1937年(昭和12年)「報知新聞特派員として再度渡仏。

1939年(昭和14年)、日仏同志会が発行していたフランス語の月刊情報誌『FRANCE-JAPON』の編集執筆に加わり、日本の文化的側面を広く紹介した。

1940年(昭和15年)帰国し、その後仏領インドシナに滞在した。

1946年(昭和21年)帰国、日本ペンクラブの再建に努め、会長川端康成の片腕として国際交流に活躍。

息子の小松越雄は脚本家演出家として活動している。

ミュッセの翻訳もある音楽家の小松清(1899年 - 1975年)は同名の別人である。

著書[編集]

  • 『行動主義文学論』紀伊国屋出版部 1935
  • 『沈黙の戦士 戦時巴里日記』改造社 1940
  • 『仏印への途』六興商会出版部 1941
  • 『ふらんすへおくる書』世界文化社 1947
  • 『創造の魔神 ジイドの対話』銀座出版社 1947
  • 『アンドレ・ジイド 自由なる射手』河出書房 1951
  • 『ヴェトナムの血』(小説)河出書房 1954
  • 『ヴェトナム』新潮社(一時間文庫)1955

編著[編集]

  • 『文化の擁護』(編)第一書房 1935
  • 『フランス文学史』杉捷夫共編 東京大学出版会 1955

翻訳[編集]

  • マヤ シモン・ギヤンチヨン 長谷川善雄共訳 金星堂 1933 のち「娼婦マヤ」
  • 征服者 アンドレ・マルロオ 改造社 1934 のち新潮文庫
  • 王道 アンドレ・マルロオ 第一書房 1936 のち新潮文庫
  • ソヴェト旅行記 ジイド 岩波文庫 1937 のち新潮文庫
  • 上海の嵐 人間の条件 マルロオ 新庄嘉章共訳 改造社 1938(大陸文学叢書)
  • 金雲翹 阮攸 東宝発行所 1942
  • 印度支那 ローラン・ドルジュレス 金星堂 1943
  • 現代フランス思想の展望 エドワール・テッセ 酣灯社 1948
  • 侮蔑の時代 マルロオ 鎌倉文庫 1948 のち新潮文庫
  • 希望 第1 マルロオ 河出書房 1949
  • エスコリエ夫人の異常な冒険 ピエール・ルイス 白水社 1951
  • 人間の条件 マルロオ 新潮文庫 1951
  • アフロディット 古代の風俗 ピエール・ルイス 白水社 1952
  • ソヴェト旅行記修正 ジイド 新潮文庫 1952
  • 希望 下巻 マルロオ 新潮社 1954
  • 西欧の誘惑 マルロオ 松浪信三郎共訳 新潮社 1955(一時間文庫)
  • フランス詩の歩み ルネ・ラルウ 武者小路実光共訳 白水社 1955(文庫クセジュ)
  • アンドレ・マルロオ ボアデフル 新潮文庫 1956
  • 人間の条件 戯曲 マルロオ原作 テイエリ・モニエ脚色 河出新書 1956
  • 東西美術論 第1-3 マルロオ 新潮社 1957-1958
  • ガンバラ マツシミルラ・ドーニ バルザック全集第14巻 東京創元社 1960

他者による伝記[編集]

  • 小松清─ヒューマニストの肖像 林俊、クロード・ピショワ共著、白亜書房 1999年ISBN 978-4891726560

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『小松清』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『小松清』 - コトバンク
  3. ^ コトバンク ブリタニカ国際大百科事典・小項目事典・行動主義文学参照