小松美保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小松 美保(こまつ みほ、5月18日 - )とは元宝塚歌劇団月組トップ娘役。東京都出身。

川村学園出身。宝塚歌劇団時代の公称身長は159cm。宝塚歌劇団時代の愛称はケイコちゃん

来歴・人物[編集]

1965年宝塚音楽学校入学。

1967年53期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『世界は一つ[1]』で初舞台を踏む。入団時の成績は54人中43位[1]。同年12月9日[1]月組配属。

1970年、『鷗よ波濤を越えて』で新人公演初ヒロイン。初演の『ベルサイユのばら』ではロザリー役を演じた。

1976年榛名由梨の相手役として月組トップ娘役に就任。お披露目公演は『紙すき恋歌バレンシアの熱い花』。同時期に活躍した娘役スターの舞小雪とは、ポスターに二人並んで登場したり、公演によっては舞がヒロインを演じるなど、ほぼ同等の扱いであった。

1980年4月30日[1]、『アンジェリク仮面舞踏会[1]の東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台・月組時代[編集]

1967年

  • 星組公演『花風流』/『世界はひとつ』 *初舞台

1969年

1970年

  • 『茨木童子』/『ヤング・ガイ!
  • 『鷗よ波濤を越えて』- お比佐 役、新人公演:アミーナ王妃 役(本役:八汐路まり)/『青春のプレリュード』 *新人公演初ヒロイン

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

月組トップ娘役時代[編集]

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.74-75(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]