小松裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小松 裕(こまつ ひろし、1954年-2015年3月25日)は、日本の歴史学者熊本大学文学部教授。専門は日本近代史、思想史。山形県出身。

主に田中正造の思想や、在日朝鮮人の歴史について研究していた。

略歴[編集]

  • 1985年3月 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
  • 1985年4月 熊本大学文学部講師
  • 1988年4月 熊本大学文学部助教授
  • 1998年12月 熊本大学文学部教授
  • 2001年11月 早稲田大学より、博士(文学)を授与される。論文の題は 「田中正造研究 」。[1]
  • 2015年3月25日 肺がんにて熊本大学文学部長在職のまま逝去

著書[編集]

単著[編集]

  • 『田中正造 二一世紀への思想人』(筑摩書房、1995年)
  • 『田中正造の近代』(現代企画室、2001年)
  • 『「いのち」と帝国日本 明治時代中期から一九二〇年代』<全集日本の歴史 第14巻>(小学館、2009年)

編著[編集]

共編著[編集]

  • (金英達・山脇啓造)『「韓国併合」前の在日朝鮮人』(明石書店、1994年)
  • 木村健二)『史料と分析「韓国併合」直後の在日朝鮮人・中国人 東アジアの近代と人の移動』(明石書店、1998年)
  • 金泰昌)『田中正造 生涯を公共に献げた行動する思想人』<公共する人間4>(東京大学出版会、2010年)

編纂史料[編集]

  • 由井正臣)『亡国への抗論 田中正造未発表書簡集』(岩波書店、2000年)
  • (由井正臣)『田中正造文集』全2巻(岩波書店[岩波文庫]、2004年-2005年)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース