小林クリエイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小林クリエイト株式会社
Kobayashi Create Co., Ltd.
Kobayashi Create ac.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
448-8656
愛知県刈谷市小垣江町北高根115
北緯34度57分47.6秒
東経137度0分58秒
座標: 北緯34度57分47.6秒 東経137度0分58秒
設立 1946年(昭和21年)4月1日
(株式会社小林記録紙製造所)
業種 その他製品
法人番号 5180301013959 ウィキデータを編集
事業内容 計測用記録紙、ビジネスフォームほか
代表者 小林友也(取締役社長)
資本金 1億円
売上高 403億3800万円(2019年09月30日時点)[1]
営業利益 6億8000万円(2019年09月30日時点)[1]
経常利益 7億3900万円(2019年09月30日時点)[1]
純利益 4億4800万円(2019年09月30日時点)[1]
純資産 40億7400万円(2019年09月30日時点)[1]
総資産 247億5200万円(2019年09月30日時点)[1]
従業員数 1101名(2018年9月時点)
決算期 9月30日
主要株主 小林クリエイトホールディングス株式会社
外部リンク https://k-cr.jp/
テンプレートを表示

小林クリエイト株式会社(こばやしクリエイト、: Kobayashi Create Co., Ltd.)は、愛知県刈谷市に本社を置く日本の印刷会社である。1937年(昭和12年)創業[2]

日本フォーム印刷工業連合会に加入している。2015年(平成27年)時点の主力事業はビジネスフォーム(いわゆるコンピュータ用紙)の製造・販売である。ビジネスフォーム印刷のリーディングカンパニーとして知られ[3]、計測用記録紙の国内シェアは1位である。みどり会の会員企業であり、三和グループに属している[4]

歴史[編集]

1937年(昭和12年)、工業用計測記録紙を製造する小林商店として、東京府田端町にて創業[2]。創業者は小林日吉[2]。当時の日本では記録紙を輸入に頼っており、小林は国内生産を目指して小林商店を立ち上げた[2]。1938年(昭和13年)10月には国産第一号の記録紙印刷に成功し、小林商店は日本軍の指定工場にもなった[2]太平洋戦争の戦禍が激しくなった1945年(昭和20年)4月には、田端町から長野県岡谷市に疎開した[2]

小林は愛知県幡豆郡寺津町(現在の西尾市)出身であり、終戦後には生産設備を東京ではなく三河地方碧海郡新川町(現在の碧南市)に移した[2]。1946年(昭和21年)には株式会社小林記録紙製造所を設立して法人化し[2]、1947年(昭和22年)には拠点を刈谷市寿町に移している。1948年(昭和23年)から1950年(昭和25年)にかけて、東京都・大阪市名古屋市九州に営業所を設立した。1950年以後には朝鮮特需で記録紙の需要が伸び[2]、1954年(昭和29年)には販売部を小林記録紙販売株式会社として独立させている。1952年(昭和27年)頃にはビジネスフォーム(コンピュータ用紙)の開発に成功し、1950年代後半以後にコンピュータが普及するとビジネスフォームの需要が飛躍的に拡大した[2]。1956年(昭和31年)には広大な用地を求めて刈谷市郊外の小垣江町に移転した[2]

1960年(昭和35年)にはドイツのゲーベル社の印刷機を導入し、さらにアメリカ製パンチカード機を導入するなどして、生産能力と技術力を拡大させた[2]。1971年(昭和46年)に安城工場を、1973年(昭和48年)に富士工場を建設した。1986年(昭和61年)に製造・販売を統合し、社名を小林記録紙株式会社と改めた。1990年(平成2年)には100%子会社のコスメックを設立し、顧客のデータ処理を受託する事業を開始した[2]。1991年(平成3年)には生産ラインの部品調達システムを開発して高評価を得た[2]。1991年には九州小林記録紙株式会社を設立し、1997年(平成9年)には東京情報処理センターを開設する。1999年(平成11年)には国内の印刷業界で初めてプライバシーマークを取得している[2][3]。医療の分野では、血液検査用プリンターなどを開発している[2]

2007年(平成19年)10月1日、創業70周年を機に小林記録紙から小林クリエイト株式会社へ社名を変更した[2]。新社名は社内から募ったものである[2]。2012年(平成24年)には安城工場の遊休地を利用して農業ビジネスにも参入した。2013年(平成25年)には富士工場の印刷工場を大規模な植物工場に改装し、レタスやツブリナの生産を開始して農業ビジネスに本格的に参入した[5]。2014年(平成26年)8月には富士通と連携し、植物工場・施設園芸向け生産管理ソリューションの販売を開始した[6]。2019年(平成31年)には小林クリエイトに所属するハンマー投げ選手の墨訓煕がアジア陸上競技選手権大会に出場した[7]

営業所・工場等[編集]

  • 本社(愛知県刈谷市)
  • 営業本部(東京都中央区)
  • 工場
    • 本社・安城の2ヶ所。
  • 情報処理センター
    • 東京・中部・関西の3ヶ所。
  • 営業所
    • 東京、名古屋、広島など26ヶ所。

関連企業[編集]

  • 小林クリエイト九州株式会社
  • 小林コマース株式会社
  • 株式会社ケーピーシー
  • 株式会社コンピュータ・プリンティング・サポート
  • 上海祥浩印務有限公司(中国)
  • 小林可利愛特(上海)貿易有限公司(中国)

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 小林クリエイト株式会社 第76期決算公告
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「老舗探訪 小林クリエイト 刈谷市」『中部経済新聞』、2014年5月13日、16面
  3. ^ a b ICカード認証ツールでアクセスを可視化 IT media、2008年7月29日
  4. ^ メンバー会社一覧 みどり会
  5. ^ 小林クリエイト、農業に本格参入」『日本経済新聞』2013年7月6日
  6. ^ 富士通の植物工場向け生産管理システム ハンディターミナルで作業を簡易化 環境ビジネスオンライン、2014年7月23日
  7. ^ 弊社の墨 訓煕(すみ くにひろ)社員が『第23回 アジア陸上競技選手権大会』においてハンマー投げで出場します 小林クリエイト、2019年2月14日