小林一喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小林 一喜(こばやし かずよし、1934年4月10日 - 1991年2月19日)はジャーナリスト朝日新聞編集委員・ニュースキャスター栃木県出身。

人物[編集]

都立九段高校を経て、東京外国語大学卒業後の1957年、朝日新聞社に入社。1978年に論説委員、1985年10月に編集委員に就任すると同時に同時期にスタートしたテレビ朝日のニュース番組『ニュースステーション(Nステ)』のコメンテーターに就任。久米宏小宮悦子と名トリオとして親しまれた。

1988年に入ってから度々体調不良のため『Nステ』を休みはじめる。毎度の復帰の度に後述のように痩せていくことから相方の久米は「すこししゅっとされました?(ね?)」とフォローをしていたが、復帰虚しく1990年が最後の出演となって1991年2月19日、心不全のため56歳の若さで死去。亡くなった2日後に『Nステ』は冒頭約20分間に追悼特集を組み、小林の妻が記した手紙を涙を流しながら小宮が読みあげた。

エピソード[編集]

  • 生家のあった場所はその後『Nステ』のスタジオが造られたまさにその場所であったという。
  • 愛称は「ピンキーさん」。『Nステ』のメインキャスターの久米はしばしば「こばやしいっきさん」と呼んでいた。
  • 「圧勝」が口癖だった。『Nステ』の視聴率が低迷していた初期の頃、この言葉で若いスタッフを励ましていた。
  • 大の中日ドラゴンズファンでもあった。『Nステ』のスポーツコーナーではよくコメントしており、1988年のリーグ優勝決定当日は番組内で優勝記念のくす玉を割る大役を務めた。
  • 病気が進むにつれ、ふっくらした丸い顔が明らかに面長になっていき、視聴者からは心配する声が寄せられた。
  • 病気療養中の1991年1月17日湾岸戦争開戦を受けて、スタッフに送ったファクスに「NO MORE WAR 一日も早い平和を。」と書いたものが、ニュースキャスターとしての最後のメッセージとなった。
  • 『Nステ』のスタジオセットの夜景のホリゾントに人の顔のように見える箇所があるといわれ、亡くなった小林の霊ではないかと騒がれたことがある。この噂はNステファンの間でセット変更のため夜景ホリゾントの使用を終了した1999年夏頃まで一時都市伝説として広がり続けた。
  • 彼の訃報はFNN NEWSCOMでも伝えられ、キャスターの木村太郎は「本当に惜しい人を亡くしました」と語った。

著書[編集]

  • テムズの川霧が消えた(朝日新聞社・1991年4月)ISBN 4-02-256312-5 (朝日文庫・1992年9月)ISBN 4-02-260728-9

関連項目[編集]